年齢差

昔、1650形が京都線にやって来て、当時新鋭の9200系と編成を組んだのを見た時、系列間での年齢差を感じたものでしたが...

191124_01-9200-9303.jpg
 >> 【1985年4月9日 新田辺~富野荘 9303 + 9205 + 9206 - 1653】
 
当時まだ3連だった9206Fに連結されたモ1653、両車の年齢差は19歳...今改めて見てみると「そんなものか」という感触です。
一般車でいえば、大阪線9051Fと2410系の組成ではどうでしょう。

191124_02-9020-9051.JPG
 >> 【2018年1月2日 今里 9051 + 9151 - 2413 + 2513】

9051F+2413F編成、これは既に年齢差が35年ということになりますね。

特急車も見てみると...

191124_03-12200-12324.JPG
 >> 【2010年3月22日 橿原神宮前 12324 + 12224 - 22956 + 22656】

上の画像は12224Fと運用開始直後の22656F、これって年齢差はなんと40年にもなるんですね。
今は12224Fは廃車されてしまいましたが、現存特急車としては...

191124_04-12200-12353.JPG
 >> 【2019年9月1日 橿原神宮前 12353 + 12253 - 22953 + 22653】

12253Fと22653Fの編成、これは37年の年齢差になりますね。

メンテナンス技術も向上し車両寿命も延びてきたとはいえ、古参車は世代交代時期をとっくに迎えています。
ここ数年での近鉄車両群の変革が気になりますね。

ふと振り返ると...10000系13年、10100系19年というのはあまりにも短命ですね。