久々にNゲージ

友人が久しぶりにNゲージの8810系を完成させたということを知り、自分もふと10年くらほったらかしになっている作りかけの18200系があるのを思い出した。
何時か作ろうと思って10年も経ってしまった...で、完成すべく久しぶりに動き出しました。

ウォーミングアップに、まずは鉄コレ900系の床下塗装に車輪交換、貫通扉渡り板製作、乗務員扉ステップなどディテールアップ(ってほどではないですが...)
画像

やっと18200系もほぼ完成にこぎつけました。さすがクロスポイント製、なかなかの造形ですね。
あ、手前の12200系は10年前に製作したモノです。
画像

...あかん、また次何かやりたくなってきた。
ということで、鉄コレの登場時900系をマルーン色にしたく、IPA風呂入り中です。
画像

まだ10年前の作りかけ、こんなにあるのにどうするねん!
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

とうこ
2019年03月20日 06:37
大和路ポストマンさまおはようございます!
鉄道模型18200系電車なかなかの出来ですよね~

私も12200系(GM)を作りましたが、とても人様に見せられないひどい出来ですわ~その点大和路ポストマンさま謹製の12200系は素晴らしい出来ですね~完成品のマイクロエース製と比べてもそん色ないですね。
のぶやん
2019年03月21日 19:53
大和路ポストマン様こんばんは。
やはり やり始めると時間の経つのを
忘れてしまいますね。
大和路ポストマン
2019年03月23日 17:03
とうこさん
そんなに大したことないですよ。
近くで見ると粗だらけです...アップでは撮れない^^;
大和路ポストマン
2019年03月23日 17:04
のぶやんさん
全くその通りです。集中するといくら時間があっても足りませんね。(大袈裟かな...)
nyanyao
2019年03月31日 15:02
こんにちは。遅がけのレス、失礼しやす。
結構、塗装の工程と組み立ての工程で、苦労しますね。
というのも、最近の製品はプラの地の色で、屋根や床下(ヘタすりゃ車体も)が表現されていますね。我々の世代は、プラモの癖で、隅々まで色を入れますが、どっちがいいのでしょうか。古い近鉄車の登場時の白に近いシャシ塗装も魅力ですが・・・
大和路ポストマン
2019年03月31日 16:44
nyanyaoさん
おっしゃる通り、世代的にフル塗装というのが基本ですよね。
今回登場時900系も塗装をはがして、昇圧後の900系を再現すべく、マルーン塗装と床下機器とベンチレーターはその白に近い灰色で表現しました...確かにこの時代の塗装は魅力です。
ほん
2019年04月03日 23:39
管理人さんこんばんは。
私がNゲージをやり始めたころ(小学校4年生くらい)は近鉄の
完成品というのは非常に少なかったと記憶しています。初めて買った車両はエンドウの8800系でした。あとは8810系や2610系のキットを買ってはそれをマルーン一色で塗装して走らせたりしてましたね~。今は完成されているのが発売されているのがうらやましく思います。でも一つだけ言わせてもらうと1020系や1252系の完成品で、なんで妻面の窓が5800系と一緒の小さいやつなのかってのが気になります。まあ、金型とかの関係もあるんでしょうけどw
大和路ポストマン
2019年04月06日 09:49
ほんさん
電車好きなら模型にも興味を持つことが多いですが、私の場合は友人の影響もあり、手を付け始めたのはまだ10年程前くらいです。エンドウ製では20100系や3000系などを見た記憶があります。
私は走らせるよりもっぱらディスプレイ派なので、実車とのディテールの差異は気になりますね。

この記事へのトラックバック