消えゆく近鉄色

今年の3月から元東急7700系の運用が開始される養老鉄道。
既にHPで告知されておりますが、1月で運行を終了する623F、運行終了のヘッドマークを掲げて最後の活躍を行っています。
画像

ヘッドマークは6000系時代の6015F表記もあり、デザインは季節柄でしょうか、元南大阪線で走っていた「樹氷号」に似たデザインとなっていますね。
画像

更には...

大垣~西大垣の1区間で使用されていた「大垣-西大垣」の系統板も1月で終了となるようです。
2月からは車掌側窓内からの貼り付け表示に変更されます。これも元近鉄車両に限ってということになりますが...。
画像

養老鉄道に見る、マルーン塗装、扇風機付き車両、角形標識灯、系統板表示...近鉄オールドファンにとっては貴重な存在でもありました。
画像

これら”近鉄色”が無くなっていくのは寂しいの一言に尽きますね。

この記事へのコメント

のぶやん
2019年01月20日 18:20
昨年から改造の為塩浜で見られる
車両を見ると寂しいですね。
昨日の新聞で京急の車両とマルーン
車両が、描かれた看板の運行が行なわ
れるそうです。
両鉄道の開業に携わった 立川勇次郎
つながりだそうです。
びす・たかお
2019年01月21日 00:04
 こんばんは。御挨拶が遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。
 マルーン一色塗のスタイルを見て安心感を感じるのはやはり、"昭和世代"の私達だからでしょうか!?丸みのある車体に大きな窓、丸型(角型)の標識灯+1灯の角型尾灯を配したケーシング。台車は正統派(!?)のシュリーレン。飽きる程目にしてきたこれら近鉄スタイルがもう数える程しか目にできないことに改めて時代の流れを感じます。(『平成』も30年余を経て終わるくらいですからね。)
 以前に伊賀鉄道さんに元東急車が入ってきた際も最初は少なからず違和感と戸惑いがありました。養老鉄道さんではどうでしょう?渋谷や横浜といった都心でギラギラと輝かせていたステンレスボディが濃尾平野の長閑な風景にすんなり溶け込むには少し時間がかかるような…。でも桑名駅での現代近鉄車との、"並び"が見れるのは楽しみでもあり…私的にはちょっと複雑な気持ちです。
ヒロ
2019年01月21日 02:08
大和路ポストマンさん、こんばんわ。
旧6000系も引退ですか、寂しいですね。今回本館で取り上げられていた6009F以降の後期型は、南大阪線唯一の扉の付いた幅広貫通路、やたら奥行きの深い座面といった印象がありますが、個人的には何と言っても6009,11,13Fで顕著だった、直並列切替時に編成全体が「ドッカーン!」というショックに見舞われるあの加速が印象深過ぎて、実はこれらに当たると、あぁ外れ来たわ、と思ってました。
それらも今や懐かしい思い出です。今の車両は古くても改良に改良を重ねて、本当にスムースな加減速を実現してますね。
乗った事が無いので分からないのですが、冬場は扇風機を外して蓋をするのは、養老鉄道でもやってたのでしょうか?それで思い出しましたが、冷房化前のラインデリア車は、冬期は吹出し口に内張りと同じ柄のカバーをしてましたね。今から考えると置き場の確保も脱着の手間も大変… 
デトニ2300
2019年01月21日 09:08
 私が初めて養老線揖斐線に足を踏み入れたのは、学生時代で、その頃は、モニ5001系鋼体化小型車の時代でした。その後、風の便りに名古屋線、大阪線の20m旧性能車の時代になったと聞きましたが、その時代は足を向けることも無く、仕事で津に通うようになったときには桑名駅で600系を眼にする時代でした。その600系も引退して東急7700系VVVF車になるのですか。かつて職場が池上線沿線にあったときにはお世話になった車輌ですが、もう20年も前で、改造されたとはいえその時にもかなりロートルでしたが、まさか、養老線で最後の一働きをするとは思ってもみませんでした。ところで、東急系の整備はこれまで通り塩浜工場で行うのでしょうか。他社製の整備は整備費用を上増するのでしょうか。
スターあっと
2019年01月21日 12:53
名阪特急からすれば、2回東急車と顔を会わせることもあり、"何で東急の車両と2回も?"となりそうです.ここでの寂しさは、温かいマルーンレッドから冷たい無塗装への変動が要因と言えます(最も、養老鉄道側ではその分棒状の転落防止幌との組み合わせが格好良く見えましたが).南海6000系もとうとう置き換えが予告され、何処も状況が読めません.
とうこ
2019年01月22日 12:03
大和路ポストマンさまこんにちは
上から2番目の元間通路のあたりのUPの写真
無理やり貫通幌の剥がした跡がいたたしい傷になってますね
行き先方向板(運行標識)の付いた近鉄型の顔すごくいいね!(南大阪線でも多分ですが副票以外の看板・運行標識の取り付けての営業走行が規制されだしたとか?)
C57順也
2019年01月23日 19:30
大和路ポストマン様
はじめまして。いつも大和路ポストマン様が撮影された近鉄の写真を拝見させていただいております。私は平成生まれなので、私がまだ生まれる前の貴重な車両を見ながら思いに耽っています。

D23編成、ついに終焉の時ですね。思えば種車となった6000系は、記憶の中で一度だけ、幼少期に乗車した覚えがあります。流石に編成までは記憶しておりませんが、小さいなりに標識灯の形が他の車両と異なって上下二段式で角型ということ、南大阪線であることということがハッキリと記憶していたので、間違いないと思います。私自身も1月の中旬に、その勇姿を撮影しに行きました。その時は乗車できず、回送電車となって養老駅に停車していましたが、その撮影後に西大垣駅に行ったときにはすでにサボが外されていました。しかし、その時何を思ったのか「西大垣-大垣」のサボを撮影しておりまして、それも1月で終了と聞くと偶然か必然か、自分の撮影した写真が貴重に感じるようになりました。

伊賀鉄道も養老鉄道も、かつて近鉄だった面影が少しずつ影を潜めてきましたね。ツートン時代のD01編成ラストランを撮影したのは今となってもいい思い出でした。

さて、話は変わりますが、貴方様のホームページの写真がSNSコミュニティに無断転載されておりました。証拠スクリーンショットを撮影しているのですが、そのSSを添付して大和路ポストマン様へ送信しようと思ったのですが連絡の方法がわからず、ブログのコメント欄を使用したことをご了承下さい。
nyanyao
2019年01月24日 09:20
こんにちは。ま、何と言っても、近鉄本線から車両の中古押し出しがないですからね。そのうち、見慣れると思います。入れ替えも現予定では、半数なので、コレを機に、いろいろな中古車両を募って、鉄コレ状態にしてもらいたいものです。ひどい乗り心地の旧5800系5650系、内装が異常にキレイだったかもしか、軽すぎて気持ち悪かった、三重交派生車・・・懐かしいです。
大和路ポストマン
2019年01月24日 21:56
のぶやんさん
今回、西大垣駅を訪れましたがすでに車庫内では7700系が留置されていました。
何れすべてがこの車両に変わってしまう情景を思い浮かべながら、まだ元気に活躍している近鉄車両を目に焼き付けておこうと思いました。
京急と養老鉄道をつなぐキャンペーンですね。今週から602FにHM掲出されているようですね。
大和路ポストマン
2019年01月24日 21:56
びす・たかおさん
今年もよろしくお願いします。

おっしゃる通り、幼少時期から慣れ親しんだマルーン世代の私たちは、身近ではもう見られなくなったこの車両形態に懐かしさを感じるのは言うまでもありませんね。
養老鉄道も(=近鉄)という書式が私の中でありましたが、伊賀鉄道同様それももうすぐ過去のものとなります。
振返ってみると近鉄車両を撮影し始めた頃からすると、大阪・京都市交・阪神乗り入れ、元東急車への車両置き換えなど、当時からは想像を絶する変化があり、それだけ年月が経ってしまったと実感しています。
大和路ポストマン
2019年01月24日 21:57
ヒロさん
元6000系の後期型は、当時の養老線高性能化ではタイムリーな車種だったのでしょうね。
南大阪線当時はどちらかと言えば中間改造車含む初期車が好きで、これらあまり外観上も特徴のない後期車がやって来た時は、そう言った面で私も「ハズレ」感がありました。
現在、冬季では扇風機を外すことなくカバーがかけられていたと思います。
そう、ラインデリアのカバー、懐かしいですね。今でもどこかにそのカバーが残っているのであれば、見てみたいです。
大和路ポストマン
2019年01月24日 21:57
デトニ2300さん
当時の養老線風景は(いつも言っておりますが^^)、書籍等の写真でしか見たことがありません。でも、その情景から感じ取れる半端ないローカル色に感銘を受けることもあります。
その時代からは沿線風景も車両も隔世の感がありますね。
おそらく元東急車も塩浜でのメンテナンスとなるようですが、費用等詳細は不明です。
大和路ポストマン
2019年01月24日 21:58
スターあっとさん
伊賀神戸と桑名ですね。ラッピングや塗装などである程度の無機質さは軽減されるも、沿線に馴染むのは時間がかかりそうです。
南海6000系、これもかなりの古豪ですね。
大和路ポストマン
2019年01月24日 21:58
とうこさん
初めは幌枠がなくなっただけで、これほどまでに前面のイメージが変わるのかと思ったものでした。
でも、大型板の掲示が多い養老鉄道では、物足りない前面イメージを補っていますね。
南大阪線HM、今年の6051F開運号運用の事実からちょっと心配です。
大和路ポストマン
2019年01月24日 21:59
C57順也さん
初めまして、よろしくお願いします。
幼少のころから南大阪線沿線に住んでいましたので、特に6800系や6000系が気に入っており、今でもその両系式が養老鉄道で活躍しているのは嬉しい限りでしたが...。
目的の車両を撮りたくても、なかなかタイムリーに来てくれませんよね。ただ、今回養老鉄道に訪問した時は、いきなり桑名から623Fに乗車できたのは何よりでした。おそらくこれが最後の乗車と思うと、やはり寂しさが隠せませんでした。

SNS無断掲載の件、連絡ありがとうございます。(ついでに他1件も同じ事例も発見しました)
既に管理人様への報告にて対応を取っていただきました。
なかなかネット上では、個人的に転載画像を見つけることもままなりませんので、このようなご連絡は大変ありがたいです。
大和路ポストマン
2019年01月24日 21:59
nyanyaoさん
確かに、近鉄一般車ももう古豪と言えるものばかりですからね。
近鉄線も他車乗り入れでバラエティに富んだ車両を見る事が出来ますので、こちらでも...って感じでしょうか^^;
旧5800系、5650形、旧三重交通...これらは見逃した世代車です。撮影したかった。

この記事へのトラックバック