気ままに、気まぐれ鉄道フォト

アクセスカウンタ

zoom RSS 簡易運転台

<<   作成日時 : 2018/10/28 17:36   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8

1982年頃に京都線急行5連化で使用された1650形ですが、今でも2両が入替車として残っているのは嬉しいですね。

以前ここでも出た話題ですが、連結面側の入れ替え運転台ってどのような形をしていたのだろう...というもの。
当時、新田辺駅で撮影をしていた時は、車両外観ばっかり注目していて、簡易運転台はどのようになっていたかの記憶はあまりありません。
画像
 >> 【1982年7月28日 新田辺 】

かすかに覚えているのはマスコンと車掌弁が通常はカバーで覆われていて、使用時にはそのカバーが開く構造になっていたということ。

今回の近鉄鉄道まつりの高安工場で、休憩電車から隣に居た入替車の簡易運転台を窓越しに撮影してみました。
画像

マスコン、車掌弁、計器類やスイッチ類は当時のままなのでしょうね。さすがにカバーはもうありませんが。

ちなみにメインの運転台も覗いてみました。
画像

主要機器のみ残されて、必要ないスイッチ類等は外されていました。

でも、この造形や機器などは今ではもう他に見ることのできない貴重なものなので、残しておいてほしい車両ですね。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
大和路ポストマン様こんばんわ
簡易運転台の撮影なかなか鋭いところにフォーカスしてますね!
とうこ
2018/10/28 20:30
大和路ポストマン様こんばんは。
私も今日鉄道まつりに行きました。
マスコンが、三菱製に交換されて
いますね。
1600系列は、日立製だったと思い
ます。
何か理由が、あるのでしょうね。
五位堂では、マンモスの後ろに
隠れていましたね。
のぶやん
2018/10/28 20:47
日立製の機器類を用いた名古屋線から三菱製の機器類を用いた京都線に転属するのに合わせて、マスコンも三菱製に...というところでしょうか.大久保高架前に6連では踏み切り支障があったことがこの転属の切っ掛けですね.
スターあっと
2018/10/29 07:02
とうこさん
個人的にはこれら入替車の社内見学なんて企画があったら嬉しいのですが...マニアック過ぎ?
大和路ポストマン
2018/10/30 21:32
のぶやんさん
マスコンのメーカーまでは目が行ってませんでした。高安では「青のモドキ」カラーで撮影会がありましたが、五位堂での入替車展示はもう十数年やってないかもしれませんね。
大和路ポストマン
2018/10/30 21:32
スターあっとさん
なるほど、使用線区に合わせた機器で標準化していたのかもしれませんね。
少しでも混雑緩和への対応という事で、なかなか1650形を持ってくるというのは面白い発想でしたが、この運用も結構短命に終わりましたね。
大和路ポストマン
2018/10/30 21:33
この運転台、カバーがむき出しになった姿を見ることがなかったのですがカバーの形状は鮮明に覚えています。座席があった位置に箱が置かれており、レールと平行する角の部分は斜めに面取りされていました。
私が乗ったのは新田辺からの5連ではなく、既に京都線急行の6連化が完了していた頃で、一部の運用が5連で残されていたようでした。難波〜奈良行き準急、折り返し京都行き急行の運用もそれでした。
奈良漬
2018/11/01 19:22
奈良漬さん
カバーの形、私はよく覚えていませんがそのような形状になっていたのですね。
そういえば、外観の写真ばかり撮っていましたが、私もこの5連急行運用時には乗車していませんでした。乗ったのは橿原線ローカル運用の時かな。
大和路ポストマン
2018/11/03 09:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
簡易運転台 気ままに、気まぐれ鉄道フォト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる