気ままに、気まぐれ鉄道フォト

アクセスカウンタ

zoom RSS 生駒ケーブルも

<<   作成日時 : 2018/07/14 09:39   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 10

ちまたでは田原本線100周年イベントで盛り上がっていますが、生駒ケーブルもこの8月で100周年を迎えますね。
現在は宝山寺1号線の「ブル」「ミケ」が主役となっていますが、置き換え前のコ1形のレトロ感も好感が持てました。

メンテナンス中の2号線コ3と並ぶレトロ塗装となったコ1。懐かしい光景ですね。
画像
 >> 【2000年1月8日 宝山寺 コ3/コ1 】

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
レトロ車両置き換え前の光景ですね。つい最近の事だと思っていましたが18年前なんですね。
今日、大和西大寺の駅ナカで生駒ケーブル100周年を記念したリーフレットと団扇が配られてました。この種の企画は嬉しいですね。
奈良漬
2018/07/14 13:34
生駒ケーブル元気いっぱいですね、信貴山ケーブル、葛城索道線と共に吉野山の吉野大峰ロープウェイ(機械遺産)がありますが経営会社が倒産寸前に近い状態で整備どころじゃないので近鉄に買い取ってもらって再整備して頂き、営業再開してもらいたいものです(今のままだと静態保存の機械遺産になりそうです)
とうこ
2018/07/14 14:07
ブル・ミケ(1号線)が鳥居前駅の工事で睡眠中(動物の車両ということで)の今、かすかにレトロ気分を味わえますね.ケーブルでは珍しいシングルアームパンタのブル・ミケも20年近くなのが何とも言いがたいです.100周年のポスターはスイートやドレミも登場して大にぎわいと生駒ケーブルがハツラツな姿を物語っています.鳥居前駅及び近くの商業施設にはツバメがドッサリと営巣しており、生駒の威厳も健在です.
スターあっと
2018/07/14 17:41
大和路ポストマン様こんばんは。
生駒ケーブルの展示は、高安での鉄道
まつりでは、風物詩ですね。
他社ですけど 高野山ケーブルも更新
されるそうですね。
楽しみですね。
のぶやん
2018/07/14 20:54
奈良漬さん
時が過ぎるのは早いですね。
今年は田原本線含めて一区切りの年ですね。宝山寺や生駒山上遊園地へのアクセスとして今後も活躍続けてほしいです。
大和路ポストマン
2018/07/15 09:16
とうこさん
確かにケーブル(鋼索線)は結構脚光を浴びていますが、ロープウェイは何となく地味な存在ですよね。
何らかの形で残していってほしいですね。
大和路ポストマン
2018/07/15 09:19
スターあっとさん
なかなかパンタグラフをじっくり見たことが無かったのですが、ブル・ミケはシングルアームパンタだったのですね。(何を今さら...^^;)
そういえば過去パンタグラフを4基上げて運用していた頃が懐かしいです。
大和路ポストマン
2018/07/15 09:25
のぶやんさん
鉄道まつり高安会場では毎年一角を使用して「生駒ケーブル」のブースがありますね。
今後、古参のコ3形も置き換えの話が出てくるかもしれませんね。
大和路ポストマン
2018/07/15 09:27
大和路ポストマンさま
生駒で生まれ育った 私には 生駒ケーブルの存在が身近にあり過ぎて 余り意識が有りませんでした。歴代車両から最新のブルやミケ の車両迄 何時もの様に山を登り降りする姿は 生活に溶け込んでいます…特に 宝山寺線は 生駒市軽井沢町や門前町の住民の通勤、通学 、買い物や通院する 皆さんでなくてはならい物になっています。
私は 車両もそうですが ケーブル線唯一の 複線や踏切や な山上線の2つの途中駅等の 設備の方が 印象深いですね!
踏切では 油まみれのケーブルが 凄い勢いと轟音を立てて巻かれて行くのを間近に見れるのが 迫力が有り好きですね!
丸ちゃん
2018/07/21 08:23
丸ちゃんさん
身近な存在で生活に馴染んでしまっている路線も、振り返れば沿線の方々の足として重要な責を担っているのですね。
おっしゃる通り、鋼索線の複線は昔から一目を置く存在でもありました。
...近々訪れてみたくなりました^^
大和路ポストマン
2018/07/21 15:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
生駒ケーブルも 気ままに、気まぐれ鉄道フォト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる