アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
気ままに、気まぐれ鉄道フォト
ブログ紹介
親HP「近鉄電車フォトアルバム」の補足や、思い立った鉄道(近鉄が主になりそうですけど...)記事などを気ままに書こう...といったブログです。
zoom RSS

東羽衣支線

2017/09/23 17:20
ちまたでは大阪環状線103系の残る1編成の引退が10月3日に迫り、運用情報があると環状線各駅では賑わっています。
そんな中、今のうちにと阪和線東羽衣支線で運用に就く103系を見ておこうと出かけたのですが...。

乗換駅で偶然に大阪環状線の103系が運用に入っているのを見かけてしまったので、ちょっと寄り道。
画像

これを撮影後、東羽衣支線へ。
程なく3両編成の103系がやって来ました。
画像

短編成ですが、阪和線では急激に見かけなくなった原型タイプ改造のシールドビームが良いですね。
反対側Mc車はもう他では見ることのない非アルミサッシュの前面窓、行先・運行表示器が残っています。
画像

関西圏から急激に減少して行く103系、いつまでその姿を見ることができるのでしょう。
記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 5


戻った?

2017/09/10 09:56
現時点での画像はないのですが...。

つい先月も撮影したアーバンライナーplusの21110F、以前記事にも書きましたが前照灯はLEDのものを装備していました。
画像
 >> 【2017年8月12日 霞ヶ浦 21110F 】

つい先日見かけた同編成、何気なく見ていたら「あれ、前照灯がLEDではない」というのに気が付きました。
他のサイトの情報を見てみると、元のシールドビームに戻っているという情報がありました。

何らかの不具合があったのかどうかはわかりませんが、元に戻した詳細は分かりませんね。
記事へ驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8


30000系バラエティ

2017/09/09 16:14
もう既に当内容についてはあちらこちらで話題になっていますが、ネタにも困っている昨今、あえてここでもお話しすることに...。

汎用特急車リニューアル塗装と喫煙室設置工事が別タイミングで施工されている過渡期真っ只中の30000系、現状では4種類の形態を見ることができますね。

まずは登場時の姿、↓これです。
画像
 >> 【1996年5月24日 小俣〜宮町 30213F 】

で、現状...

@元のEX塗装、喫煙室未設置
画像
 >> 【2017年2月26日 霞ヶ浦〜富田 30206F 】

Aリニューアル塗装、喫煙室未設置
画像
 >> 【2017年8月19日 平端〜ファミリー公園前 30201F 】

B元のEX塗装、喫煙室設置
画像
 >> 【2017年9月9日 名張〜赤目口 30204F 】

Cリニューアル塗装、喫煙室設置
画像
 >> 【2017年9月9日 名張〜赤目口 30209F 】

何れは全てCになるのでしょうが、このバラエティ形態が見られるのも、そう長くはないのでしょうね。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 12


来るべき時

2017/09/02 17:52
もうこの時が来るのは分かってはいたものの...
やはり正式に公表されると寂しいですね。

大阪環状線103系、10月で運転終了。

画像
 >> 【2015年4月4日 桜ノ宮 LA4 】

画像
 【2015年8月13日 天王寺 LA3 】
記事へ驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 18


車内景

2017/08/26 16:41
近年の特急車は運転室後部がデッキになり、夜間前面からは車内の様子を窺うことはできないのですが、デッキのなかった時代の特急車は、車内の情景がよく見えましたね。
画像
 >> 【1982年1月1日 古市 モ16002 】

16000系モ16002の夜間スナップ。ベンチシートや網棚、初期型の折り戸や窓間の造花がよくわかりますね。今でもほぼ同じ姿で大井川鉄道に居てるのは嬉しい限りです。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10


日常から過去へ

2017/08/19 17:24
大和八木駅に到着したオリジナルスタイルの11400系、日常の光景でもありました。
画像
 >> 【1982年2月14日 大和八木 11512 + 11411 + 11412ほか】

当然のことながら、この時から35年の月日が流れると現在の光景が日常となり、35年もの前の過去の思い出となってしまうのですが、現在の日常は...。
画像
 >> 【2017年8月12日 大和八木 12234 + 12134 + 12034 + 12334 】

大和八木駅に居れば何度も見ることができる12200系のありふれた姿、でもこの光景も近い将来には”過去の記録”となってしまうは間違いありませんね。

当たり前のことでしょうが...時間の流れの寂しさを感じます。(歳とる度に...)
記事へ驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 13


臨時急行あやめ池行き

2017/08/15 19:43
先日、鉄道部品や資料(特に近鉄)を収集されているマスターのお店に行ったとき、数々の貴重な行先表示板や愛称板の中からこんなのを見つけました。
画像

「臨時急行あやめ池号」...こんなのがあったのですね。板面文字通り京都発着だったようです。ということは、西大寺駅でスイッチバックし奈良線1駅目のあやめ池まで運用というなかなか近年では見ることのできない運用ですね。

見た感じ古そうなモノですが絵柄からすると、あやめ池遊園地で過去開催された大菊人形展の時のようですね。
詳しくは私が生まれた頃の話なのでよく分かりませんが昭和41年頃に開催されていたようで、その時に運用された臨時列車ではないでしょうか。

おそらく旧400形や旧600形などが運用に就いていたのかな?
記事へ驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 15


Bトレ12200系群

2017/08/14 15:30
箱のまま眠っていた12200系Bトレが幾つかあったので、一気に完成させました。
画像

いやー、色んな形態に波及してますね。

一応...12229F+12233F、12237F、12213F、12221F、15202F、15204F、15203F、15402F、15401F...

記事へナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 10


後で気が付きました。

2017/08/13 07:52
12600系とともに”赤幕”で残っている12410系12415F、喫煙室設置・新カラーとなってもそれを維持しています。
名古屋線で運用されるワンシーンを撮影しました。
画像

が、後で画像を見てみると...「鳥羽行き準急」となっておりました(笑)

1灯だけではなく2灯全滅?
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 8


お蔵入り写真で

2017/08/12 18:39
今まで何度かご紹介したお蔵入り写真、今回はこんなのを見つけました。
シャッター露出オートのカメラで夜分に撮影したブレブレ写真、当時としてはごくありふれた12200系ですが。
画像
  >> 【1981年8月 大和八木 モ12200 】

何となく白飛びしている行先板が気になり、画像処理を加えてみると...。
画像

津行き特急だったんですね。
行先表示幕で”津”は見たことがありますが、こんな板もあったのですね。
記事へ驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8


今年も参加!

2017/08/11 08:41
既に一週間前のお話になりますが...。

今年も「ビール列車」に乗って来ました。
つどいのイベント企画では青の「ワイン列車」とともに定番になっていますね。
画像

今年は橿原神宮前での入れ替え時にそのまま乗車して、留置線体験するか...いや、やっぱり一旦降車組みといたしました。
画像

約2時間半のツアー、あっという間ですね。^^
記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8


残りひとつ

2017/08/06 16:03
近鉄汎用特急車の新塗装化も進んでいる中、かなり早いペースで塗装変更されてる22600系・16600系、ここ最近22600系の4連車2編成も新塗装化が完了し、既にオリジナルカラーで残るのは2連トップナンバーの22651Fだけとなってしまいましたね。
画像
 >> 【2017年8月5日 大和八木 22651F/22657F 】

22651Fの新塗装化も時間の問題、22600系・16600系のオリジナルカラーは結構短命に終わりましたね。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 14


初青

2017/08/05 08:22
「青の交響曲」に初めて乗車してきました...初青です。
平日だと比較的空席もあり、数日前からチケット押さえておき、1便は先頭3号車の一番前座席です。
画像

ここは隣に席もなく座席が窓側に傾斜しているので、個室的な雰囲気が味わえます。
ちょっと辛口意見を言えば...プレミアムな特急車としてはちょっとモーター音が気になりますね。一般車からの改造というのもあるかもしれませんが、静寂性に欠けるような気がしました。(車掌ベル音もかなりノイジー)
あと、設計上仕方がないでしょうが、ここはリクライニングができません。

とか思いつつも、せっかくなので2号車バーカウンタで飲み物を...「吉野桃ハイボール」をチョイス、自分的には最高に美味しかったです。
画像

2号車ラウンジカーはソファが並べられ、グループのお客さんはここで楽しむのも良いですよね。
画像

あっという間に吉野着です。
車内整備の後、約1時間後の2便として折り返します。
この日は何やら新聞紙面の企画か広告の撮影をしていて、整備中も乗降扉を開けて、モデルさんが電車に乗り込むシーンなどを撮影していました。
画像

外観を見ていると、2号車も屋根上クーラーキセ、もう塗装が剥げかかっていますね。下地が明るいグレーなのでちょっと目立ちます。
画像

吉野駅12:34に2便阿部野橋行きに再び乗車、今度は1号車の後方席で橿原神宮前駅まで。
画像

開放感を求めるのなら断然こちらのほうが良かったですね。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 12


おっ!

2017/08/04 15:46
特に珍しくないかもしれませんが...。
普段ココでは見ないのでつい撮りました。
画像
 >> 【2017年8月4日 大和小泉 クハ117-16ほか】
記事へ驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 8


スナックカーBトレ

2017/07/29 17:47
今日立ち寄ったリサイクルショップのホビーコーナーで、オリジナルの12200系スナックカーBトレを発見。
近鉄創業百周年記念の限定モデルだけに、即「これくださーい!」
現行発売品はオリジナルの顔は同梱されているもののスナックコーナーは付いていませんもんね。^^
画像

そういえば、スナックコーナーが付いていた頃の12200系、もっと注目しておくべきでした...11400系ばかり追っかけてたもんで。
画像
 >> 【1982年7月3日 大和八木 12213 + 12313ほか】
記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 10


幕残った

2017/07/22 08:57
南大阪線16010系は喫煙室設置工事を経て、先般の塗装のリニューアル後も前面の行先表示幕は残り、12200系以降の車両では唯一白地のものが継承されています。
画像

専用路線の南大阪線特急の場合は、LEDにリニューアルするほど合理性の追求はないのでしょうが、各路線を行き来する標準記軌特急車ではその必要性も高く、30000系や12400系、12415Fを除く12410系が全てLED表示対応となっています。
そんな中、12600系同様表示幕で残る12415Fもこのほど喫煙室設置工事と塗装変更が行われました。
画像

残りましたね、幕。これを機にLED化されると思っていたのですが...英字の入っていない”赤幕”、視認性は良いですね。
でも、今後12600系含めて、動向はやはり気にかかります。
記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 12


こちらの変遷は特殊?

2017/07/16 18:03
前回記事の30000系変遷のほか、近鉄では特定の車両において変化を遂げた車両もありますね...「つどい」、「かぎろひ」など。

でも、なかなか他にはない驚愕の変化があったのは、やはりこの車両でしょうか...「青の交響曲」

種車は、ごく一般の6200系。
画像
 >> 【1982年9月15日 橿原神宮前 6311 + 6222 + 6221 】

6200系晩年時期。
画像
 >> 【2015年9月5日 今川 6311 + 6222 + 6221 ほか】

で、一般車から豪華列車に大改造。
画像
 >> 【2016年10月11日 橿原神宮前 16301 + 16251 + 16201 】

16200系「青の交響曲」...まだ乗っていません...というか、なぜか積極的に乗りに行っていませんね。
記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 10


ビスタ変遷

2017/07/09 14:34
30000系ビスタカーが登場してからもうすぐ40年、姿を変えつつもまだまだ現役で活躍すべく近年も新塗装化や喫煙室設置などの工事が進められています。

登場時のオリジナルスタイルは、先頭車は12400系を基本とし、細部に至っては若干の仕様変更が行われ12600系まで引き継がれていますね。中間タブルデッカー車はVラインを強調し、各座席毎に窓を設けたものとなっていました。
個人的に一番好きなのはこのオリジナルスタイルです。
画像
 >> 【1994年4月3日 平端〜ファミリー公園前 30259 + 30159 + 30109 + 30209 ほか】

1996年からは大幅にリニューアルされることとなり、全体のカラーリング、内装、ダブルデッカー車(特に階上席)が劇的に変化します。名称も”ビスタEX”とし、前面には専用プレートも設けられました。
画像
 >> 【2006年10月25日 八田 30259 + 30159 + 30109 + 30209 】

その後、本来の観光列車として更に整備され、内装やシートのリニューアルが行われ、表示関係もLED式に交換されました。
画像
 >> 【2014年1月25日 明野 30259 + 30159 + 30109 + 30209 】

近鉄汎用特急車の新塗色化に伴って大幅にカラーリングが変更され、イメージは大きく変わりましたね。
画像
 >> 【2016年10月11日 八田 30259 + 30159 + 30109 + 30209 ほか】

現在は伊勢側運転席後部に喫煙室設置工事が進められています。
この先、どういった変化があるかはわかりませんが、最終形態としてしばらくこの姿で活躍することでしょうね。
画像
 >> 【2017年6月23日 明野 30259 + 30159 + 30109 + 30209 】

ここではあえて同じモ30259を時系列で並べてみました。
皆さんはどの形態がお好きでしょう? (^^)
記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 18


あっという間

2017/07/02 08:47
先日写真撮影に出かけた帰り、「しまかぜ」空席情報を見てみると...ちょうど京都行の先頭6号車に空席あり。
久々に乗ってみましょうか。
...ということで、さすがに1列目は取れなかったので、7列目を確保、宇治山田駅から乗車です。

やって来たのは50103F、「しまかぜ」は試乗会を含めて4回目です。やっぱりこの居住空間とシートは最高ですね。
画像

もう、車内をうろつくことはせず、ビールを飲みながらプレミアムシートをゆっくり楽しみます...とはいえ大和八木まであっという間に感じてしまいますね。
画像

そういえば、大和八木駅でのこのアングル↓で「しまかぜ」を撮影していなかったなあ。
画像

この時期は日も長いので明るい間に撮れますが、ちょっと影が邪魔かな?
記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 12


懐かしい音

2017/06/24 15:30
近鉄富田駅から北西に伸びる三岐鉄道線、今でも電鐘式踏切が存在するということなので、見に行くことにしました。
沿線数か所にあるのですが比較的ロケーションのよさそうな「山城8号踏切」をターゲットとし、保々駅から歩くこと20分、現地到着です。
画像
 >> 【2017年6月23日 山城〜保々】





踏切もそうですが、切符も今なお硬券が使用されており、セメント運搬の貨物列車も度々走っていてもう今の近鉄にはないローカル色がまだまだ満載です。

今回、この三岐鉄道線に乗車するのは初めてですが、釣り掛け車両が存在する頃に行っておくべきだった...と、いつもの後悔心でいっぱいでございます。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 14


続きを見る

トップへ

月別リンク

気ままに、気まぐれ鉄道フォト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる