アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
気ままに、気まぐれ鉄道フォト
ブログ紹介
親HP「近鉄電車フォトアルバム」の補足や、思い立った鉄道(近鉄が主になりそうですけど...)記事などを気ままに書こう...といったブログです。
zoom RSS

幕残った

2017/07/22 08:57
南大阪線16010系は喫煙室設置工事を経て、先般の塗装のリニューアル後も前面の行先表示幕は残り、12200系以降の車両では唯一白地のものが継承されています。
画像

専用路線の南大阪線特急の場合は、LEDにリニューアルするほど合理性の追求はないのでしょうが、各路線を行き来する標準記軌特急車ではその必要性も高く、30000系や12400系、12415Fを除く12410系が全てLED表示対応となっています。
そんな中、12600系同様表示幕で残る12415Fもこのほど喫煙室設置工事と塗装変更が行われました。
画像

残りましたね、幕。これを機にLED化されると思っていたのですが...英字の入っていない”赤幕”、視認性は良いですね。
でも、今後12600系含めて、動向はやはり気にかかります。
記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 11


こちらの変遷は特殊?

2017/07/16 18:03
前回記事の30000系変遷のほか、近鉄では特定の車両において変化を遂げた車両もありますね...「つどい」、「かぎろひ」など。

でも、なかなか他にはない驚愕の変化があったのは、やはりこの車両でしょうか...「青の交響曲」

種車は、ごく一般の6200系。
画像
 >> 【1982年9月15日 橿原神宮前 6311 + 6222 + 6221 】

6200系晩年時期。
画像
 >> 【2015年9月5日 今川 6311 + 6222 + 6221 ほか】

で、一般車から豪華列車に大改造。
画像
 >> 【2016年10月11日 橿原神宮前 16301 + 16251 + 16201 】

16200系「青の交響曲」...まだ乗っていません...というか、なぜか積極的に乗りに行っていませんね。
記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 10


ビスタ変遷

2017/07/09 14:34
30000系ビスタカーが登場してからもうすぐ40年、姿を変えつつもまだまだ現役で活躍すべく近年も新塗装化や喫煙室設置などの工事が進められています。

登場時のオリジナルスタイルは、先頭車は12400系を基本とし、細部に至っては若干の仕様変更が行われ12600系まで引き継がれていますね。中間タブルデッカー車はVラインを強調し、各座席毎に窓を設けたものとなっていました。
個人的に一番好きなのはこのオリジナルスタイルです。
画像
 >> 【1994年4月3日 平端〜ファミリー公園前 30259 + 30159 + 30109 + 30209 ほか】

1996年からは大幅にリニューアルされることとなり、全体のカラーリング、内装、ダブルデッカー車(特に階上席)が劇的に変化します。名称も”ビスタEX”とし、前面には専用プレートも設けられました。
画像
 >> 【2006年10月25日 八田 30259 + 30159 + 30109 + 30209 】

その後、本来の観光列車として更に整備され、内装やシートのリニューアルが行われ、表示関係もLED式に交換されました。
画像
 >> 【2014年1月25日 明野 30259 + 30159 + 30109 + 30209 】

近鉄汎用特急車の新塗色化に伴って大幅にカラーリングが変更され、イメージは大きく変わりましたね。
画像
 >> 【2016年10月11日 八田 30259 + 30159 + 30109 + 30209 ほか】

現在は伊勢側運転席後部に喫煙室設置工事が進められています。
この先、どういった変化があるかはわかりませんが、最終形態としてしばらくこの姿で活躍することでしょうね。
画像
 >> 【2017年6月23日 明野 30259 + 30159 + 30109 + 30209 】

ここではあえて同じモ30259を時系列で並べてみました。
皆さんはどの形態がお好きでしょう? (^^)
記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 18


あっという間

2017/07/02 08:47
先日写真撮影に出かけた帰り、「しまかぜ」空席情報を見てみると...ちょうど京都行の先頭6号車に空席あり。
久々に乗ってみましょうか。
...ということで、さすがに1列目は取れなかったので、7列目を確保、宇治山田駅から乗車です。

やって来たのは50103F、「しまかぜ」は試乗会を含めて4回目です。やっぱりこの居住空間とシートは最高ですね。
画像

もう、車内をうろつくことはせず、ビールを飲みながらプレミアムシートをゆっくり楽しみます...とはいえ大和八木まであっという間に感じてしまいますね。
画像

そういえば、大和八木駅でのこのアングル↓で「しまかぜ」を撮影していなかったなあ。
画像

この時期は日も長いので明るい間に撮れますが、ちょっと影が邪魔かな?
記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 12


懐かしい音

2017/06/24 15:30
近鉄富田駅から北西に伸びる三岐鉄道線、今でも電鐘式踏切が存在するということなので、見に行くことにしました。
沿線数か所にあるのですが比較的ロケーションのよさそうな「山城8号踏切」をターゲットとし、保々駅から歩くこと20分、現地到着です。
画像
 >> 【2017年6月23日 山城〜保々】





踏切もそうですが、切符も今なお硬券が使用されており、セメント運搬の貨物列車も度々走っていてもう今の近鉄にはないローカル色がまだまだ満載です。

今回、この三岐鉄道線に乗車するのは初めてですが、釣り掛け車両が存在する頃に行っておくべきだった...と、いつもの後悔心でいっぱいでございます。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 14


さようなら。

2017/06/02 21:10
画像
 >> 【2007年5月3日 日永 115 + 124 + 263 】
記事へナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 14


連休最終日

2017/05/13 10:45
近鉄のホームページに掲載された「葛城高原号」運転告知記事を見つけられていなかったので、もしや今年から消滅するのかと思っていましたが、例年通り運転されて一安心ってところですが...。

今年は5月5日からラビットカラー6051Fの運用もあり、自分のタイミングでは連休最終日の7日にやっと撮影に行くことができたっていう感じでした。
3日連続での6051Fの運用を期待していると、有難いことに同じ運用で来てくれました。「開運号」ではおなじみの運用となっていますが、「葛城高原号」では初めて記録することができました。
画像
 >> 【2017年5月7日 尺土〜磐城 6051F 】

↑既に他の各サイトで同じような記事や画像が掲載されていますので、ちょっと画像を一部いじって変化を付けてみました。^^;
記事へナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 11


試行錯誤かな?

2017/05/06 10:23
GW前半は結構お天気もよく、近鉄ネタでは「葛城高原号」も例年通り運転されて、ちょっと安心しました。
...というような話題ではなく、今回も普通はどうでもいいような内容ですが、何となく気にはしていたけどじっくり見たことがなかったので、備忘録としても書いてみることにします。

いつかアーバンライナーの標識灯LEDについてここで書いた記憶があるのですが、親ページにアップした18200系ヘッドマーク写真に写り込んだ標識灯をみて、何となく気にしていた5200系の標識灯も過去記録した写真から探ってみようという思いが湧き出てきました。

ではまず...

登場時は細かいLED素子が48ブロックに配されたものでした。これは5101Fから5105Fまで採用されたものです。(これをAタイプとします)
画像

5106Fからは仕様が変更され、12ブロックに分けられたLED素子もちょっと大粒なものに。(これをBタイプとします)
画像

その後、Bタイプに似ているのですが、LED素子が若干細かくなったようなものも現れました。何となく個々ブロックには+の格子が見えます。(これをCタイプとします)
画像

更に、LED素子の配列仕様(何となく横一列に統一)が変更されたものも出てきました。(これをDタイプとします)
画像

...で、最終的に出現した一番視認性がよさそうなシリーズ21風の標識・尾灯分離式のもの。(これをEタイプとします)
画像

アーバンライナーもそうでしたが、視認性に関しては従来車両の電球のほうが明らかに良く、メンテ性含めていろいろ試行錯誤されているのが見えますね。

ちなみに、行先表示幕みたいに同じ車両でも、途中で上記LEDタイプが交換されているようです。
全く根拠なく記録画像からのみで探った変遷ですので間違いや抜けがあるかもしれませんが...。

5101F:A→E
5102F:A→C→E
5103F:A→E
5104F:A→C→E
5105F:A→E
5106F:B→C→B→C
5107F:B→C
5108F:B→C
5109F:B→C→E
5110F:B→D
5111F:B→A→C
5112F:B→D
5113F:D

最近ク5162なんかは、左右(D・B)異なったものが付いていたりもしていました。
画像

興味ある方は一度観察してみてください。(...私くらいでしょうか^^;)

(追伸)
親ページ掲載写真の18200系標識灯、これよく見ると2〜3種類のLED素子が入り乱れていますね。
画像













記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 10


再びこいのぼりと

2017/04/30 21:56
2年ぶりにこの時期にここにやって来ました...大和川橋梁+こいのぼり。
天気も良く、汗ばむ陽気で時折吹く風にこいのぼりも気持ちよさそうに泳いでいました。
そういえば、ここ最近こいのぼりを上げている家ってめっきり減りましたね。
画像

1月→2月→3月→4月を経て5月の節句...たまたまやって来たク12345と良いマッチングとなりました。
いつまでこのコラボが見られるのでしょうか。
記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 10


まわりは変われど

2017/04/29 17:51
昔住んでいた家からすぐ近くの場所、一面の田んぼの真ん中に南大阪線の線路があり、よく自転車に乗って電車の撮影に出かけたものでした。
この時代は愛称列車やイベント列車が走ろうが、それを撮影に来る人はほとんど見かけませんでした。
画像
 >> 【1982年3月30日 橿原神宮西口〜坊城 6051F 】

それから35年、たまにこの場所に訪れますが、まわりは民家や公園、道路なども整備されて変わってしまいましたね。
今でも結構良い撮影ポイントなので、特に天気の良い午後は多くの撮影者が来られます。
画像
 >> 【2017年4月23日 橿原神宮西口〜坊城 6051F 】

...この場所を走る6020系も、35年を経てまわりの情景や車体色は変わりましたが、ほぼ同じ姿で走り続けているのは嬉しいですね。
記事へナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 11


ローカル健在

2017/04/22 16:47
錆も酷く、塗装も剝げ落ちた状態の踏切警報機...。
画像

でも、懐かしさを感じる形ですね。

三岐北勢線、三重交通塗装の200形を待っているときのスナップです。
程なく検査上がり、ピカピカの200形が通り過ぎていきました。
画像
 >> 【2017年4月2日 馬道 】
記事へナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 10


電連カバー

2017/04/15 09:19
どうでもいいって言えば、どうでもいい事なんですが...。

22651Fの上側電気連結器カバー、何かいびつな形状になってますなあ。
画像
 >> 【2017年4月8日 橿原神宮前 モ22651 】

22600系の2連車、オリジナル塗装少なくなってきましたね。
記事へナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 14


昭和50年の広告

2017/04/08 22:53
以前も昭和35年の鉄道ピクトリアル裏表紙の近鉄特急広告を紹介しましたが、今回は昭和50年11月の鉄道ピクトリアル近畿日本鉄道特集の裏表紙広告の紹介です。
画像

この当時、大阪〜名古屋間は新幹線に乗客が流れて行き、名阪甲特急も苦戦を強いられていたのですが、反対にその新幹線を利用して近鉄沿線観光地へと観光客を誘う内容となっているのは、時代背景を表す興味深いものとなっていますね。

それにしても掲載の写真、当時は当たり前だったかもしれませんが、12200系スナックカーオール2連車の10連、圧巻そのものですね。
記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 20


8連でも

2017/04/01 08:56
汎用近鉄特急車ではすでに勢力は減退しつつある12200系も、まだまだ8連での運用は見ることができますが...。
画像
 >> 【1997年10月11日 小俣〜宮町 12251Fほか】

基本は4+4、稀に2+2+4や2+4+2の8連があるかもしれませんが、6両編成バージョンが無くなってしまった現在、写真のような2+6の8連は見ることができませんね。

...架線柱で中間運転台が隠れているので、一見すると12200系8両編成車に見えますね。^^;
記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 13


1日の始まり

2017/03/26 10:13
先日、早朝の大和八木駅で電車を待っていると、東の山から綺麗な朝日が顔を出したので、ホーム端に行ってスナップ撮ってみました。
画像

通りには車の姿もなく、1日のプロローグを醸し出していますね。
記事へナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 8


「開運号」...?

2017/03/19 20:56
あーコレ、毎年恒例の6051Fによる「開運号」運用の一コマね。
画像

...ん? なんか変!
”板”の支持形状、角形標識灯?
画像

って、これ1月から養老鉄道で定期列車の一部に「開運号」のヘッドマークを掲示するという企画。(明日20日まで)
この606F、元6850形だったので南大阪線時代に実際にこのマークを付けて走ったことがあったかもしれませんね。
画像

こちらは何となく違和感が...掲示位置の関係かな?
記事へ面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 10


オリジナル最後の乗車

2017/03/18 10:33
6年ほど前になりますか、26000系さくらライナーも第1編成がリニューアル工事に入り、第2編成もオリジナルスタイルで最後の活躍をする中、更新前に乗っておこうと吉野駅まで出向いた時の記録です...詳細は親HPに掲載しました。
画像
 >> 【2010年11月20日 吉野 モ26402 】

更新前は運転室後部にはデッキが無く、最前列に座ると前面眺望が最高に楽しめましたね。
画像
 >> 【2010年11月20日 モ26402車内 】

個人的には、開放感のある更新前の車内、外観スタイルとともに好きだったのですが、皆様はいかがでしょうか。
画像
 >> 【2010年11月20日 モ26402車内 】
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 14


地味でも

2017/03/11 09:13
最近イベント車両の撮影にもあまり出かけていないのですが、先日残る2編成の1810系重連イベントが開催され、なぜかその地味さ(主催側から怒られそうですが...)とマニアックさに惹かれて、限られた時間ではあったものの撮影に出かけてきました。

撮影したのは名古屋から伊勢方面への往路だけですが、やってきたのは伊勢側から1827F+1826Fの4連で、HMも期待しましたがこの時は貸切表示のみでした。
画像
 >> 【2017年2月26日 霞ヶ浦〜富田 1827F + 1826F 】

どこかのタイミングで、他に1810系重連の運用があるかもしれませんが、なかなか名古屋方面に行く機会もないので自分としては貴重な記録になったかと思います。
この後、イベント参加者も行程内で撮影できるようなプログラムが組まれ、その間の回送運用時にはHMも付けられたようですが、そちらの方は撮影できなかったのでちょっと残念です。

過去振り返ると、こういったイベントが開催される対象列車は引退が間近の場合が多く、淘汰の早かった1810系の最後の2編成でもあり、近々の動向が気にかかるところですね。
記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 10


古市行き急行

2017/03/04 10:02
阿部野橋発なら何となく馴染みがあるのですが...吉野発古市行き急行の一コマ。
画像
 >> 【1984年2月28日 壺阪山〜市尾 6127 + 6165 + 6034 + 6033 Photo:kagorinさん】

不発弾処理の関係だったかな?
記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 12


何だこれは!

2017/02/26 19:17
側窓の下にある小さな窓、何なんだ!
画像

...って思ったけど、そう言えば以前に1034F以降、車両へのホーム検知センサー設置の話題があったのを思い出しました。(もう1年くらい経つのかな...)
当時はチェックしておかなければと思っていたはずなのに、既に忘れていたアイテムでした。

うーん、年々物忘れが...( ノД`)
記事へ驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 10


続きを見る

トップへ

月別リンク

気ままに、気まぐれ鉄道フォト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる