アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
気ままに、気まぐれ鉄道フォト
ブログ紹介
親HP「近鉄電車フォトアルバム」の補足や、思い立った鉄道(近鉄が主になりそうですけど...)記事などを気ままに書こう...といったブログです。
zoom RSS

窓周り塗装

2017/01/15 15:07
あまり気にもしていなかった事ですが...。

シリーズ21車両群の中で、2012年頃だったと思いますが、全面窓周りのシール部分塗装が車体色と同じグレーに塗られたものが幾つか出てきました。
(窓下黒部分の幅が目立ちちょっと違和感もありました)
画像
 >> 【2015年4月29日 安堂〜河内国分 5851F 】

今後、全編成へ展開していくものと思ってましたが、最近また元の黒色に戻っているようですね。
画像
 >> 【2016年5月5日 安堂〜河内国分 5851F 】

画像を見ていて気が付いたのはこの5820系大阪線Verですが、他のシリーズ21は未確認です。
記事へナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 10


変革は確実に...

2017/01/14 10:02
先日、大阪環状線の鶴橋駅に寄ってみました。

環状線、大和路線は毎日のようにお世話になっているので日常の光景っていう感じでしたが、ふと気になったのが221系の未更新車。
画像

ちょっと前までは、まだ結構目にしたり乗る機会も多かったのですが、次々やって来る221系を見ても未更新車はあまり目にしません。
...で、他サイトにて更新状況を調べてみると、この近辺で運用されている221系の未更新車は4両編成車では残り1編成、6両編成車では残り2編成、8両編成車になると入場中含めてもう全て更新されていますね。
そりゃあ、見る機会も少なくなったわけですね。

ちなみに、この時間帯では環状運用で103系の姿はなく、新鋭323系の綺麗な車体を見ることができました。
画像

...と言うより、直ぐに103系・201系はすべてコレに代わってしまいますね。
環状線運用の103系ももう3編成しかないのですね...ビックリ。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 16


「開運号」、板比較

2017/01/07 10:43
南大阪線6020系6051Fがラビット塗装となり、2013年正月からの「開運号」の充当には往年使用していた大型の愛称板も復刻されて、我々オールドファンには嬉しい限りです。

でも、ここまでのファンサービスにもかかわらず、オリジナルの愛称板との”差”もちょっと気になってしまうのですよね。
...で、とりあえず過去のオリジナル板と現行使用されている復刻板を並べてみました。
画像

復刻板は「急行」と「開運号」の文字が全体的に太くなり、「開運号」の文字の傾斜が小さくなっていますね。
それと以前にも書いたと思いますが、なんといっても「開運号」文字の側面・底面から伸びる影が表現されていないのがちょっと残念です。
一見、同系色なので見過ごしそうですが、側面と底面の影色もそれぞれ濃淡を付けて凝ったものとなっていました。
またオリジナル板(当時の他の板も同じですが)はペンキの手書き感も、いい味出してましたね。

...とかとか、いろいろ書きましたが(失礼しました)、何より大型愛称板を掲示しての運用は続けて頂けることを祈ります。

(オリジナル板写真 : 1983年1月2日撮影 kagorinさん提供)
記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 10


変わらず健在

2017/01/03 20:50
年が明けると三が日もあっという間に過ぎてしまいますね。

南大阪線お正月恒例の「開運号」も例年同様この3日間運用されました。
今日午前に時間が取れたので見に行ってきましたが、さすがに去年の華やかさはないもののラビットカラー6051F+大型愛称板は健在。
画像

他の6020系運用でも大型愛称板を付けて走ってほしい...ちょっとわがまま?
記事へナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 12


2017年、賀正!

2017/01/01 00:00
明けましておめでとうございます。
いつも当ブログにお越しいただき、有難うございます。

...と、もうこの日はいつものベタネタで行こうと思ったのですが、あれ?
2017年にちなんだ2017って、2000系の中間車だしこのために画像ネタ準備していませんでした。(どうしよう〜)

ってなことで、割と側面の見えるカットで撮影した画像トリミングで...申し訳ありません!<(_ _)>
画像

平成29年1月1日という別パターンネタも...関西在住だけになかなかラッピングのク2911も出会うことなく...とりあえず、ラッピング前の逆組成バージョンにて。
画像

今年もよろしくお願いいたします。
記事へナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 16


在りし日の面影

2016/12/31 18:25
線路を撮影したスナップ...。
画像
 >> 【2016年12月30日 北大社信号所】

ここは三重県員弁郡東員町にある三岐鉄道北勢線の北大社信号所で、車庫も隣接しています。
かつて近鉄北勢線時代は3線ホームの北大社駅が存在し、ここを起点とする列車も存在していました。
画像
 >> 【2002年4月22日 北大社】

近鉄時代の北大社駅は北勢線車両を撮影するために良く訪れた懐かしい場所なのですが、駅がなくなってしまうとここの情景も一気に寂しくなりました。

くるりと振り返って、西桑名方面を向いたカットで当時撮影した近鉄時代の270系...。
画像
 >> 【2003年2月22日 北大社】


現在の同じ場所を撮ってみました。
画像
 >> 【2016年12月30日 北大社信号所付近】

この風景は、反対側とは違い見事に面影を残していますね。
近鉄北大社駅の駅名表記板、ここに記載されている駅はすべて消滅してしまいました。
画像
 >> 【2003年2月22日 北大社】

皆様、今年も当ブログにお越しいただき有難うございました。
間もなくやって来る2017年もネタに苦しみつつ何とか頑張っていきたいと思いますので、またお付き合いいただければ幸いです。

では、よいお年を...。

記事へナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 12


未だに残るイメージ

2016/12/29 08:29
先日親ページに奈良線時代の9000系を掲載したのですが、やはり9200系を含めて未だに奈良線車両であるというイメージが残っています。
初めての9000番台と当時での斬新で端正なスタイルを見たときの衝撃が大きかったのも理由の一つかもしれませんね。
画像
 >> 【1983年3月11日 畝傍御陵前〜八木西口 9002 + 9102 】

それから奈良線で20年余り活躍し、その後名古屋線に移り今年で登場からもう33年、一般車の中ではもう旧枠の車両に入ってしまっているのかもしれませんね。
画像
 >> 【2004年12月15日 今里 9002 + 9102 ほか】
記事へかわいい ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 14


クリスマス

2016/12/25 08:52
忍者もクリスマスを祝ってくれていました...7年前のモノですが。
画像

...なんか鼻先に絆創膏貼ってるように見えるような見えないような。。^^;
記事へナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 14


「楽」のみ

2016/12/17 07:34
過去にも紹介したことがあったシーンですが、勢揃いする団体列車群の一コマ。
画像
 >> 【2006年1月26日 宮津車庫 20101F/18201F/15202F/15201F 】

少し離れたところにある「楽」、色合いも愛称も仲間外れって感じですが、この中で現在でも残っているのはこの「楽」のみですね。
記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 12


ソース顔

2016/12/11 09:07
近鉄車両において過去数ある個性派車両の中で、晩年は鮮魚列車に就いていたモワ600形のク501(後にク503に改番)は、気に入っていた車両のひとつ。

生い立ちは事故焼失した車両の機器を流用して、1560形(当時大阪線、晩年養老線)と同じ車体を新製した車両で、1320形を名乗る両運転台の電動車でした。
画像
 >> 【1983年2月19日 大和八木 501 + 603 】

その後、電装解除、方運転台化など改造を受け、外観も若干変化していきました。
特に注目していたところは、名古屋線系改造を受けた同形態の1560形はシールドビーム化の際には左右独立したものへと変化しましたが、こちらは外観そのままでのシールドビーム化が行われたので、オリジナルスタイルを保っています。
更には側窓枠がアルミサッシュに交換され、前面窓も固定化されましたが、窓コーナーのRは付かず全体的に”ソース顔”になりました。(笑)

この車両を知った時には既に荷電や鮮魚運用に就いていましたが、手を組んでいた旧モワ10形は電動貨車扱いだったのに対して、大阪線所属の一般車両扱いだったのも面白かったですね。

晩年、2250系と鮮魚列車グループにまとめられてモワ600形となり、車番も1321→501→503と変化しましたが、2250系と同じく最後まで端正な姿を見せてくれた車両でした。
記事へナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 10


縦横

2016/12/04 09:28
近年、近鉄の行き先表示は旧国名表示や漢字化などが行われ、編成内でも仕様の異なる表示をしている例も多く存在します。

12415Fや12600系のいわゆる”赤幕”行き先表示、上本町や難波の表示には左側に”大阪”の文字が付いています。(難波については無いものもあります)

ふと、12600系ク12702の同じような上本町行きの画像を見つけたのですが、両者”大阪”文字が縦書きと横書きで違いますね。撮影日から横書き→縦書きに変更されたようで...。
画像
 >> 【2013年9月28日 名張 12602F/12240F 】

画像
 >> 【2015年12月12日 名張 12602F/12403F 】

と、そのままやり過ごそうかと思っていたら、更にこれよりも以前の縦書きになっている写真を見つけたので、縦→横→縦と変化したことになりますね。
数少ない赤幕表示でも結構入れ替えを行っているっていうことでしょうか?
探せば他の車両でも同じように表示幕仕様の変遷があるものがあるかもしれませんね。

まあ、どうでもいいと言えばどうでもいい話題ですが...ね。^^;
記事へナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 8


LEDヘッドライト

2016/11/27 08:00
少し前になりますが、21000系アーバンライナーPlusの21110F、ヘッドライトがLED式に交換されています。
今のところ、他の編成への横展開はされていないようですが...。
画像
 >> 【2016年11月17日 安堂〜河内国分 21110F 】

車だけではなく鉄道車両も、光量や視認性・耐久性やメンテナンスにおいて有利なLEDのヘッドライトが増えていっています。
画像
 >> 【2016年11月26日 大和八木 21110F 】

見たイメージからすると...プロジェクターレンズでスポット的に発光しているので何となくデイライトのように見えてしまいますね。



記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 26


雨樋

2016/11/23 08:15
以前、6020系6041Fのパンタグラフについての話題を書きましたが、そこに頂いたコメント(ヒロ様)に雨樋の話が出ておりました。
現況、一般的には妻面の外側に雨樋の配管が露出しています。
画像
 >> 【2015年9月5日 今川 モ6032 】

で、以前に撮影した画像をいろいろ見直してみると、雨樋の埋め込み配管となっている6039Fの中間車画像がありました。
その他の編成もわかる限り見たところ、やっぱり6020系ではこの形態は6039Fのみの様ですね。
画像
 >> 【2015年9月5日 今川 モ6040 】

更に多線での同輩車両も確認してみると、大阪線2410系2422F、23F、25F、26Fも6039Fと同じ埋め込み配管になっていますね...下の写真ではちょっと分かり辛いですが<(_ _)>
画像
 >> 【2013年3月22日 大和八木 2426F 】

登場時は、この形態だったのかもしれませんが今では貴重な存在になっているのは間違いないですね。

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 12


恒例運用になりつつも。

2016/11/20 13:20
観光列車「つどい」も、ビール列車をはじめ、昼間でもいろいろな企画列車にて関西にもお馴染みとなってきました。
しかし、ほぼ平日の運用なので撮影するには至ってませんでした。

先日、有給消化にて仕事休みの日、ちょうど「スイーツ列車」の運転日だったので見に行ってきました。
ビール列車には乗ったことがあるのですが(ここでも書きましたね^^;)、日中運用の企画列車はこの日初めて見たことになります。

まず五位堂から参加者を乗せた「つどい」は橿原神宮前駅へ...
画像
 >> 【2016年11月17日 橿原神宮前 2107 + 2013 + 2014 】

3番線到着です。
平日昼間の「スイーツ列車」だけに、大半が小さな子供連れのお母さん達でしたね。
停車約10分の間はホームは撮影会場と化しておりました。
画像
 >> 【2016年11月17日 橿原神宮前】

その後、西大寺経由で上本町駅へ向かい、折り返し五位堂着となります。
上本町→五位堂を大和川橋梁で狙ってみました。
画像
 >> 【2016年11月17日 安堂〜国分 2014 + 2013 + 2107 】

企画列車でも数少ない大型HMと副標掲示の貴重な運用ですね。
でも、車体がハデなだけに、ちょっと目立たないかも...。
記事へナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 10


2016/11/13 09:58
雲一つない秋晴れの空。

そろそろ運用も馴染んできた「青の交響曲」、深みのある”青”も良いですが...。

画像

画像

こちらは青空に吸い込まれそうな”青”ですね。
記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 19


忘れている写真も大量に...

2016/11/06 10:23
最近撮影にも動けてないのでなかなか新鮮なネタがない...というか、思いつかない。
また、1980年台の写真ネタも結構公開済みなのでこちらも新鮮味がなくなっている状態。

一時撮影冷却期間後、結構一生懸命近鉄電車を撮影していたのですが、その1990年台から2000年半ばまでのフィルムはまだまだスキャンしきれておらず、またそのプリントは常に見ることもないところにしまってあるので、撮ったのを忘れている写真も大量にあるといった始末です。

で、無作為にネガファイルをパッと開けたら、ちょうど最近新カラーになった16009Fがあったので、スキャンしてみました。
画像
 >> 【1999年9月5日 橿原神宮西口〜坊城 16009 + 16109 】

ちょっと甘ピンですが、「なし狩り号」のHMを付けて走る1コマです。(当然、これも撮ったことすら憶えていませんでした)
南大阪線の愛称特急、復活してほしいですよね。

...同じネガのコマシートの中にこんなのもありましたので、全然前述ネタとは関係ありませんが貼り付けておきましょう。^^;
画像
 【1999年8月29日 鳥羽 モ30264 】
記事へナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 14


遺産的存在

2016/11/02 22:33
もう多くの方が今年の「きんてつ鉄道まつり」のレポートをWebページで公開されておりますが、今年のテーマは何となく”事業用車両”っていう感じでしたね。

今回気になっていたのは、高安会場展示の青の交響曲塗装の構内入れ替え車です。
普段は滅多に近くでお目にかかれないので、嬉しい機会でしたが個人的にはマルーン塗装の方が良かったように思います。
画像
 >> 【2016年10月30日 高安工場 元1654】


皆様もご存じのとおりこの車両は元名古屋線1600系1650形で、京都線5連化の際に4両が抜擢されて充当されたものです。
画像
 >> 【1982年7月28日 新田辺 1654】

京都線やって来た時は車齢19年、現在ではもう53年にもなるのですね。
ある意味車両遺産ともいうべきでしょうか。
また京都線時代から34年間ほぼ同じスタイルを保っているのもすごいですよね。
画像
 >> 【2016年10月30日 高安工場 元1654】

五位堂工場にも同輩の入れ替え車が存在しますが、こちらの方が原形に近い状態で、車番も残されているのは嬉しい限りですね。
記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 12


こんな事ってあるんですね。

2016/10/29 08:25
日曜日、橿原神宮前駅の橿原線ホームに行くと、3番線に30000系30202Fが回送がやって来ました。
この編成には今のところ30000系では唯一喫煙室が設けられているので、側面から見ると異彩を放っています。
画像

まあ、日曜日だし何かの団体運用にでも就く送り込みかという程度にしか考えていませんでしたが、この時1番線には新カラー化されたばかりの30212Fが同じく新カラーの22652Fと手を繋いで停まっており、そちらの注目の方がメインになっていました。
その後すぐにその京都行き30212Fは発車、3番線の30202Fも後を追うように橿原神宮前駅から出ていきました。
画像

画像

その後、以前から告知されていた青山町車庫での新カラー特急車撮影会の貸切列車を見るために大和川橋梁に向かったのですが...。
画像

やって来たのは、先ほど橿原神宮前駅で見た30202Fがその往路貸切運用に就いていました。
てっきり新カラー特急車のイベントなので新カラー30209Fが来るものだと思っていましたが、意表を突かれましたね。

後々、イベントに参加された方々の情報によると、配車手配ミスであったということで撮影会会場でもいろいろ混乱があったようですね...イベント宣伝・参加募集も公にされている中で、こんなお粗末な事態はちょっと疑問ですね。


記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 16


古豪にも及ぶ

2016/10/23 19:53
ついに古豪16000系にも特急ニューカラーの波が押し寄せてきました。
画像
 >> 【2016年10月23日 今川 16109 + 16009 】

何となく見慣れてきた気も...正直。
記事へ驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 28


またひとつ

2016/10/16 09:59
近鉄内部・八王子線が四日市あすなろう鉄道に移管してしばらく経ちますね。
260系リニューアルも行われ、活気づいているのは良いことです。

今夏、262Fもリニューアルが完了して運用に入っていますが、その陰で古豪サ123につづき今回はサ121が姿を消してしまいました。
画像
 >> 【2009年1月17日 日永 サ121】

”モニ”から大改造を受けて、まるで新車のように蘇ったサ121に感動しながら乗車したのはもう34年前のことです。
画像
 >> 【1982年12月29日 内部付近 サ121】

車両入替は仕方がないですが、やはり寂しいですね。
記事へナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 8


続きを見る

トップへ

月別リンク

気ままに、気まぐれ鉄道フォト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる