アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
気ままに、気まぐれ鉄道フォト
ブログ紹介
親HP「近鉄電車フォトアルバム」の補足や、思い立った鉄道(近鉄が主になりそうですけど...)記事などを気ままに書こう...といったブログです。
zoom RSS

縦横

2016/12/04 09:28
近年、近鉄の行き先表示は旧国名表示や漢字化などが行われ、編成内でも仕様の異なる表示をしている例も多く存在します。

12415Fや12600系のいわゆる”赤幕”行き先表示、上本町や難波の表示には左側に”大阪”の文字が付いています。(難波については無いものもあります)

ふと、12600系ク12702の同じような上本町行きの画像を見つけたのですが、両者”大阪”文字が縦書きと横書きで違いますね。撮影日から横書き→縦書きに変更されたようで...。
画像
 >> 【2013年9月28日 名張 12602F/12240F 】

画像
 >> 【2015年12月12日 名張 12602F/12403F 】

と、そのままやり過ごそうかと思っていたら、更にこれよりも以前の縦書きになっている写真を見つけたので、縦→横→縦と変化したことになりますね。
数少ない赤幕表示でも結構入れ替えを行っているっていうことでしょうか?
探せば他の車両でも同じように表示幕仕様の変遷があるものがあるかもしれませんね。

まあ、どうでもいいと言えばどうでもいい話題ですが...ね。^^;
記事へナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 8


LEDヘッドライト

2016/11/27 08:00
少し前になりますが、21000系アーバンライナーPlusの21110F、ヘッドライトがLED式に交換されています。
今のところ、他の編成への横展開はされていないようですが...。
画像
 >> 【2016年11月17日 安堂〜河内国分 21110F 】

車だけではなく鉄道車両も、光量や視認性・耐久性やメンテナンスにおいて有利なLEDのヘッドライトが増えていっています。
画像
 >> 【2016年11月26日 大和八木 21110F 】

見たイメージからすると...プロジェクターレンズでスポット的に発光しているので何となくデイライトのように見えてしまいますね。



記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 26


雨樋

2016/11/23 08:15
以前、6020系6041Fのパンタグラフについての話題を書きましたが、そこに頂いたコメント(ヒロ様)に雨樋の話が出ておりました。
現況、一般的には妻面の外側に雨樋の配管が露出しています。
画像
 >> 【2015年9月5日 今川 モ6032 】

で、以前に撮影した画像をいろいろ見直してみると、雨樋の埋め込み配管となっている6039Fの中間車画像がありました。
その他の編成もわかる限り見たところ、やっぱり6020系ではこの形態は6039Fのみの様ですね。
画像
 >> 【2015年9月5日 今川 モ6040 】

更に多線での同輩車両も確認してみると、大阪線2410系2422F、23F、25F、26Fも6039Fと同じ埋め込み配管になっていますね...下の写真ではちょっと分かり辛いですが<(_ _)>
画像
 >> 【2013年3月22日 大和八木 2426F 】

登場時は、この形態だったのかもしれませんが今では貴重な存在になっているのは間違いないですね。

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 12


恒例運用になりつつも。

2016/11/20 13:20
観光列車「つどい」も、ビール列車をはじめ、昼間でもいろいろな企画列車にて関西にもお馴染みとなってきました。
しかし、ほぼ平日の運用なので撮影するには至ってませんでした。

先日、有給消化にて仕事休みの日、ちょうど「スイーツ列車」の運転日だったので見に行ってきました。
ビール列車には乗ったことがあるのですが(ここでも書きましたね^^;)、日中運用の企画列車はこの日初めて見たことになります。

まず五位堂から参加者を乗せた「つどい」は橿原神宮前駅へ...
画像
 >> 【2016年11月17日 橿原神宮前 2107 + 2013 + 2014 】

3番線到着です。
平日昼間の「スイーツ列車」だけに、大半が小さな子供連れのお母さん達でしたね。
停車約10分の間はホームは撮影会場と化しておりました。
画像
 >> 【2016年11月17日 橿原神宮前】

その後、西大寺経由で上本町駅へ向かい、折り返し五位堂着となります。
上本町→五位堂を大和川橋梁で狙ってみました。
画像
 >> 【2016年11月17日 安堂〜国分 2014 + 2013 + 2107 】

企画列車でも数少ない大型HMと副標掲示の貴重な運用ですね。
でも、車体がハデなだけに、ちょっと目立たないかも...。
記事へナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 10


2016/11/13 09:58
雲一つない秋晴れの空。

そろそろ運用も馴染んできた「青の交響曲」、深みのある”青”も良いですが...。

画像

画像

こちらは青空に吸い込まれそうな”青”ですね。
記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 19


忘れている写真も大量に...

2016/11/06 10:23
最近撮影にも動けてないのでなかなか新鮮なネタがない...というか、思いつかない。
また、1980年台の写真ネタも結構公開済みなのでこちらも新鮮味がなくなっている状態。

一時撮影冷却期間後、結構一生懸命近鉄電車を撮影していたのですが、その1990年台から2000年半ばまでのフィルムはまだまだスキャンしきれておらず、またそのプリントは常に見ることもないところにしまってあるので、撮ったのを忘れている写真も大量にあるといった始末です。

で、無作為にネガファイルをパッと開けたら、ちょうど最近新カラーになった16009Fがあったので、スキャンしてみました。
画像
 >> 【1999年9月5日 橿原神宮西口〜坊城 16009 + 16109 】

ちょっと甘ピンですが、「なし狩り号」のHMを付けて走る1コマです。(当然、これも撮ったことすら憶えていませんでした)
南大阪線の愛称特急、復活してほしいですよね。

...同じネガのコマシートの中にこんなのもありましたので、全然前述ネタとは関係ありませんが貼り付けておきましょう。^^;
画像
 【1999年8月29日 鳥羽 モ30264 】
記事へナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 14


遺産的存在

2016/11/02 22:33
もう多くの方が今年の「きんてつ鉄道まつり」のレポートをWebページで公開されておりますが、今年のテーマは何となく”事業用車両”っていう感じでしたね。

今回気になっていたのは、高安会場展示の青の交響曲塗装の構内入れ替え車です。
普段は滅多に近くでお目にかかれないので、嬉しい機会でしたが個人的にはマルーン塗装の方が良かったように思います。
画像
 >> 【2016年10月30日 高安工場 元1654】


皆様もご存じのとおりこの車両は元名古屋線1600系1650形で、京都線5連化の際に4両が抜擢されて充当されたものです。
画像
 >> 【1982年7月28日 新田辺 1654】

京都線やって来た時は車齢19年、現在ではもう53年にもなるのですね。
ある意味車両遺産ともいうべきでしょうか。
また京都線時代から34年間ほぼ同じスタイルを保っているのもすごいですよね。
画像
 >> 【2016年10月30日 高安工場 元1654】

五位堂工場にも同輩の入れ替え車が存在しますが、こちらの方が原形に近い状態で、車番も残されているのは嬉しい限りですね。
記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 12


こんな事ってあるんですね。

2016/10/29 08:25
日曜日、橿原神宮前駅の橿原線ホームに行くと、3番線に30000系30202Fが回送がやって来ました。
この編成には今のところ30000系では唯一喫煙室が設けられているので、側面から見ると異彩を放っています。
画像

まあ、日曜日だし何かの団体運用にでも就く送り込みかという程度にしか考えていませんでしたが、この時1番線には新カラー化されたばかりの30212Fが同じく新カラーの22652Fと手を繋いで停まっており、そちらの注目の方がメインになっていました。
その後すぐにその京都行き30212Fは発車、3番線の30202Fも後を追うように橿原神宮前駅から出ていきました。
画像

画像

その後、以前から告知されていた青山町車庫での新カラー特急車撮影会の貸切列車を見るために大和川橋梁に向かったのですが...。
画像

やって来たのは、先ほど橿原神宮前駅で見た30202Fがその往路貸切運用に就いていました。
てっきり新カラー特急車のイベントなので新カラー30209Fが来るものだと思っていましたが、意表を突かれましたね。

後々、イベントに参加された方々の情報によると、配車手配ミスであったということで撮影会会場でもいろいろ混乱があったようですね...イベント宣伝・参加募集も公にされている中で、こんなお粗末な事態はちょっと疑問ですね。


記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 16


古豪にも及ぶ

2016/10/23 19:53
ついに古豪16000系にも特急ニューカラーの波が押し寄せてきました。
画像
 >> 【2016年10月23日 今川 16109 + 16009 】

何となく見慣れてきた気も...正直。
記事へ驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 28


またひとつ

2016/10/16 09:59
近鉄内部・八王子線が四日市あすなろう鉄道に移管してしばらく経ちますね。
260系リニューアルも行われ、活気づいているのは良いことです。

今夏、262Fもリニューアルが完了して運用に入っていますが、その陰で古豪サ123につづき今回はサ121が姿を消してしまいました。
画像
 >> 【2009年1月17日 日永 サ121】

”モニ”から大改造を受けて、まるで新車のように蘇ったサ121に感動しながら乗車したのはもう34年前のことです。
画像
 >> 【1982年12月29日 内部付近 サ121】

車両入替は仕方がないですが、やはり寂しいですね。
記事へナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 8


車内スナップ

2016/10/09 08:58
ちょっとカメラの露出を間違えて暗い写真になってしまいましたが...。

車内はあまり記録していなかった中、桑名駅に停車していた養老線ク1560形の車内をスナップしたものです。
画像
 >> 【1984年1月4日 桑名 ク1567】

他に6420系が連結されていましたが、そちらの方は結構お客さんが多く乗車していたので、撮影しなかったのでしょうね...残念。
2段窓や車内デコラが良い雰囲気を醸し出していましたね。
記事へナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 10


ローカル60番台

2016/10/08 10:13
もう奈良線8000系の60番台が姿を消してしばらく時が経ちますが...。

900系が生駒線に集中投入されていた時期も過ぎ、他の系列も見られる様になった過渡期、一時的に8000系の60番台が結構集中的に入っていた時がありました。

当時は本線においても”見飽きた”存在だったので、生駒線で運用されている8000系60番台を見ても、ほとんど記録していませんでした。
画像
 >> 【2002年1月22日 一分 8062 + 8712 + 8212 + 8562 】

既にワンマン化された1020系に車種統一された現在、やはりいつものように記録していなかったことを後悔している自分がここにあるのです。^^;
記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 10


花道

2016/10/02 10:09
特急車や話題性の高い車両は、よく「最後の花道」にさよならイベントや臨時運転などが開催され有終の美を飾る車両は幸せなのですが...。
でも、それ以上に活躍しているのにも関わらずひっそりと姿を消していく車両たちの方が圧倒的に多いのが現実ですよね。

そんな中でも、特に告知もなく、臨時運用でもなく、通常の運用で偶然とは思えないような「最後の花道」を見ることのできた編成もありました。

2680系2684Fが次世代鮮魚列車に改造される直前、たまたま名古屋線に出かけたときに遭遇した2680系2編成による6連急行。
既にロングシート化されてはいたものの、本来の長距離急行として君臨した圧巻の姿を垣間見た感じでした。
画像
 >> 【2001年5月4日 江戸橋 2682F + 2684F 】

これもまた、たまたま奈良線車両の撮影に出かけたとき、8075Fと8082Fが手を繋いで運用に入っていました。
この後すぐに両編成は高安送りとなり、その生涯を終えました。
画像
 >> 【2004年5月3日 鶴橋 8075F + 8082F 】

もっともっと他にもこういった運用があったかもしれませんが、何となく近鉄さんの粋な計らいが見えてきますよね。^^

記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 10


未だにオンリーワン

2016/10/01 08:21
今まで他でよく話題になっているので、何を今更という感じですが...。

南大阪線6020系、まだまだ一般車の主力を務めていますが、下枠交差のPT48型パンタグラフを持っているのは未だに6041Fのモ6042のみですね。
画像
 >> 【2016年9月25日 今川 モ6042】

かつては6037Fのモ6038も下枠交差型パンタグラフを装備していましたが、こちらは養老線(現養老鉄道)移籍車両に抜擢されてしまったため、6020系同装備車は6041Fオンリーワンとなっています。
画像
 >> 【1998年1月3日 尺土 6037 + 6038 + 6129 】

近年、名古屋線2800系や奈良線9020系においてパンタグラフ変更の動きもあるみたいですが、6020系はこの状態をキープしていますね。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 14


ついに変化(へんげ)

2016/09/26 10:13
近鉄汎用特急カラーのリニューアルが進む中、ついに施工されてほしくなかった南大阪線特急車にもその手が伸びてきました。
1番手となったのは16010系、標準軌12400系列のスタイリングでありながら16000系の塗り分けを引き継ぐ好きなカラーリングだったのですが...。
画像
 >> 【2016年1月3日 橿原神宮西口〜坊城 16111 + 16011 】

↓こうなりました...(泣)
画像
 >> 【2016年9月25日 今川 16111 + 16011 】

こうなったら(?)、一発ウソ電で、10100系〜11400系のオリジナルカラーを施してみました...やっぱりちょっと変?
画像
 >> 【ベース 2016年1月3日 橿原神宮西口 16011 + 16111 】

もうやけくそで...
画像
 >> 【ベース 2016年1月3日 橿原神宮西口 16011 + 16111 】

個人的には、やっぱりオリジナルカラーが良いです。
(16000系ニューカラー化が怖い)

記事へナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 16


ドアエンジンカバー

2016/09/26 09:58
前記事コメントでちょっと話題になった1600系の乗降扉上部のドアエンジンカバー、異様に出っ張っているものがありました。
これ、1470系も同じ形態だったと思います。

友人が記録した1470系の車内写真にちょこっと写り込んでいたので、貼り付けておきます。^^;
画像
 >> 【1981年5月 上本町 モ1472車内 撮影:kagorinさん】
記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 12


シングルアームとダブルアーム

2016/09/25 06:44
タイトルだけ見たらパンタグラフの話題かな〜って...いえいえ、ワイパーのお話です。

まあ、今の車両の話ではないのですが、近鉄一般車の規格化の先駆けとなる6800系や1600系、同系列内でも出場年代によって仕様の違いが多かったのですが、標識灯の形状については過去もいろいろ話題になった部分でもあります。

でも、ちょっと気になっていたのがワイパー。
おそらく登場時には、現状の窓下からアームが伸びているのではなく、サイドから横方向にアームが伸びているのが標準だったと思います。
その後、仕様がアームとゴム部ブラケットが固定されたもの、いわば”シングルアーム”から、ゴム部ブラケットが一定角度となるように改良された”ダブルアーム”式へと変わっていきました。
画像

晩年まで、横方向取り付け形態を残していたのは6815〜6821(奇数車)、1606F〜1609Fでしたが、このなかで1607Fのみ横方向仕様のまま、”ダブルアーム”に交換されていたのでちょっと異彩を放ってましたね。
画像

...今となっては話題にするほどのネタではないのですが、今まで触れていなかったので書いてみました。^^;
記事へ驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 12


意外に少ない吉野線

2016/09/22 08:26
1980年台に撮影した写真を見てみると、意外に吉野線での撮影記録が少ないんですよね。
(まあ、詳しくは話せませんがそういった理由も無きにしも非ず^^;)

そんな中、吉野線撮影場所の定番、吉野川橋梁で撮ったものが2枚出てきました。
画像
 >> 【1984年7月9日 大和上市〜吉野神宮 6105 + 6151 + 6010 + 6009 】

画像
 >> 【1984年7月9日 大和上市〜吉野神宮 16001 + 16101 】

16000系、今見ると何となく大井川鉄道に見えないこともないですね。
...河川敷の車を見ると時代を感じます。

(PS)
当時の特急停車駅って、橿原神宮前からだと下市口、大和上市、吉野神宮だけじゃなかったかな?
まさか福神にまで停まるなんて誰が想像したことでしょう。
記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 10


副標でPR

2016/09/19 14:56
「なばなの里」のイルミネーションPRで、夕刻時間帯にPRの副標(車内掲示ですが)を掲げて走る名古屋線急行が今年も運転されますね。

近鉄バファローズが在りし日、ホームグランド藤井寺球場でのゲーム当日には、そのPRのためにバファローズマークを掲けて走る急行や準急の姿をよく見かけました。
画像
 >> 【1982年4月11日 橿原神宮前 6124 + 6162 + 6028 + 6027 】

写真の頃の副標は、岡本太郎氏デザインのロゴマークを使用したものでしたが、この後「バッファくん」→「バフィリード」へと意匠変更されて行きました。
記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 18


お蔵入りしていたVマーク

2016/09/18 17:25
過去記録したネガのデータ化も、なかなか捗らず牛歩状態...あー生きてる間に完了するかどうか(爆)
そんな中、手がけた18年前の平城宮跡での写真の中にオリジナル30000系のダブルデッカー側面のボケ・ブレ失敗作品を発見。
こんなの撮ってたのか〜ってくらいに忘れていますね。
画像
 >> 【1998年8月26日 西大寺〜新大宮 サ30160】

画像
 >> 【1998年8月26日 西大寺〜新大宮 サ30108】

EX化が進んでいた過渡期ではあるものの、まだまだオリジナルビスタを見る事が出来たころでした。
記事へナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 12


続きを見る

トップへ

月別リンク

気ままに、気まぐれ鉄道フォト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる