アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
気ままに、気まぐれ鉄道フォト
ブログ紹介
親HP「近鉄電車フォトアルバム」の補足や、思い立った鉄道(近鉄が主になりそうですけど...)記事などを気ままに書こう...といったブログです。
zoom RSS

ローカル健在

2017/04/22 16:47
錆も酷く、塗装も剝げ落ちた状態の踏切警報機...。
画像

でも、懐かしさを感じる形ですね。

三岐北勢線、三重交通塗装の200形を待っているときのスナップです。
程なく検査上がり、ピカピカの200形が通り過ぎていきました。
画像
 >> 【2017年4月2日 馬道 】
記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4


電連カバー

2017/04/15 09:19
どうでもいいって言えば、どうでもいい事なんですが...。

22651Fの上側電気連結器カバー、何かいびつな形状になってますなあ。
画像
 >> 【2017年4月8日 橿原神宮前 モ22651 】

22600系の2連車、オリジナル塗装少なくなってきましたね。
記事へナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 14


昭和50年の広告

2017/04/08 22:53
以前も昭和35年の鉄道ピクトリアル裏表紙の近鉄特急広告を紹介しましたが、今回は昭和50年11月の鉄道ピクトリアル近畿日本鉄道特集の裏表紙広告の紹介です。
画像

この当時、大阪〜名古屋間は新幹線に乗客が流れて行き、名阪甲特急も苦戦を強いられていたのですが、反対にその新幹線を利用して近鉄沿線観光地へと観光客を誘う内容となっているのは、時代背景を表す興味深いものとなっていますね。

それにしても掲載の写真、当時は当たり前だったかもしれませんが、12200系スナックカーオール2連車の10連、圧巻そのものですね。
記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 20


8連でも

2017/04/01 08:56
汎用近鉄特急車ではすでに勢力は減退しつつある12200系も、まだまだ8連での運用は見ることができますが...。
画像
 >> 【1997年10月11日 小俣〜宮町 12251Fほか】

基本は4+4、稀に2+2+4や2+4+2の8連があるかもしれませんが、6両編成バージョンが無くなってしまった現在、写真のような2+6の8連は見ることができませんね。

...架線柱で中間運転台が隠れているので、一見すると12200系8両編成車に見えますね。^^;
記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 13


1日の始まり

2017/03/26 10:13
先日、早朝の大和八木駅で電車を待っていると、東の山から綺麗な朝日が顔を出したので、ホーム端に行ってスナップ撮ってみました。
画像

通りには車の姿もなく、1日のプロローグを醸し出していますね。
記事へナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 8


「開運号」...?

2017/03/19 20:56
あーコレ、毎年恒例の6051Fによる「開運号」運用の一コマね。
画像

...ん? なんか変!
”板”の支持形状、角形標識灯?
画像

って、これ1月から養老鉄道で定期列車の一部に「開運号」のヘッドマークを掲示するという企画。(明日20日まで)
この606F、元6850形だったので南大阪線時代に実際にこのマークを付けて走ったことがあったかもしれませんね。
画像

こちらは何となく違和感が...掲示位置の関係かな?
記事へ面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 10


オリジナル最後の乗車

2017/03/18 10:33
6年ほど前になりますか、26000系さくらライナーも第1編成がリニューアル工事に入り、第2編成もオリジナルスタイルで最後の活躍をする中、更新前に乗っておこうと吉野駅まで出向いた時の記録です...詳細は親HPに掲載しました。
画像
 >> 【2010年11月20日 吉野 モ26402 】

更新前は運転室後部にはデッキが無く、最前列に座ると前面眺望が最高に楽しめましたね。
画像
 >> 【2010年11月20日 モ26402車内 】

個人的には、開放感のある更新前の車内、外観スタイルとともに好きだったのですが、皆様はいかがでしょうか。
画像
 >> 【2010年11月20日 モ26402車内 】
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 14


地味でも

2017/03/11 09:13
最近イベント車両の撮影にもあまり出かけていないのですが、先日残る2編成の1810系重連イベントが開催され、なぜかその地味さ(主催側から怒られそうですが...)とマニアックさに惹かれて、限られた時間ではあったものの撮影に出かけてきました。

撮影したのは名古屋から伊勢方面への往路だけですが、やってきたのは伊勢側から1827F+1826Fの4連で、HMも期待しましたがこの時は貸切表示のみでした。
画像
 >> 【2017年2月26日 霞ヶ浦〜富田 1827F + 1826F 】

どこかのタイミングで、他に1810系重連の運用があるかもしれませんが、なかなか名古屋方面に行く機会もないので自分としては貴重な記録になったかと思います。
この後、イベント参加者も行程内で撮影できるようなプログラムが組まれ、その間の回送運用時にはHMも付けられたようですが、そちらの方は撮影できなかったのでちょっと残念です。

過去振り返ると、こういったイベントが開催される対象列車は引退が間近の場合が多く、淘汰の早かった1810系の最後の2編成でもあり、近々の動向が気にかかるところですね。
記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 10


古市行き急行

2017/03/04 10:02
阿部野橋発なら何となく馴染みがあるのですが...吉野発古市行き急行の一コマ。
画像
 >> 【1984年2月28日 壺阪山〜市尾 6127 + 6165 + 6034 + 6033 Photo:kagorinさん】

不発弾処理の関係だったかな?
記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 12


何だこれは!

2017/02/26 19:17
側窓の下にある小さな窓、何なんだ!
画像

...って思ったけど、そう言えば以前に1034F以降、車両へのホーム検知センサー設置の話題があったのを思い出しました。(もう1年くらい経つのかな...)
当時はチェックしておかなければと思っていたはずなのに、既に忘れていたアイテムでした。

うーん、年々物忘れが...( ノД`)
記事へ驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 10


名阪ISL

2017/02/19 10:14
10年ほど前、友人と名古屋方面に電車撮影に行くと、「世界の山ちゃん」で飲み会→名古屋21:00発の難波行き伊勢志摩ライナーツイン席で大和八木までゆったりと帰る...というのが定番でした。
このスジでは5号車のサロンカーはほとんど利用する人もなく貸し切り状態、それに名古屋を出た後は大和八木駅まで途中津駅のみの停車で快適そのものでした。
画像
 >> 【2006年12月5日 名古屋 】

既に今は伊勢志摩ライナーの名阪運用もなく、当時何気なく撮った名古屋駅のスナップも思い出の一コマになりました。
記事へナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 17


京都・橿原線の12600系

2017/02/12 08:54
10年ほど前のネガを何気なくチェックしていると、橿原線で京都行き特急の運用に就く12600系の姿がありました。
そういえば天理臨や貸し切りなど以外では、通常運用の12600系が京都・橿原線を走っているのは登場時の頃以降はあまり見ませんね。
画像
 >> 【2007年10月7日 結崎〜ファミリー公園前 12702 + 12652 + 12752 + 12602 】

運用に関してはあまり詳しくないのですが、今でも定期的に12600系が京都まで来ることがあるのかな?
記事へナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 10


おなじみの光景

2017/02/05 09:07
橿原線と大阪線が交差する大和八木駅、大阪線4番ホームから下を覗くと見える橿原線のホームも個人的にはおなじみの光景。
画像
  >> 【1980年9月 大和八木】

37年前に何気なく撮った写真、橿原神宮前へと出発する18200系、その隣にはフラットなラインデリアの屋根を見せる普通電車が停まってますね。
おなじみの光景でも、行き来する車両や駅設備は時とともに変化していきますね...当然のことですが。
記事へ面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 17


知らぬ間に過去記録

2017/01/29 10:39
鉄道撮影として記録したものではなく、コンデジや携帯などで撮ったスナップの画像は一度HDDのフォルダー内に収めてしまうと、そう度々見るものではないのですが、先日ちょっとフォルダー名を整理しようと思って過去画像フォルダを開いてみると、「んー、こんなの撮ってたんや」ってのが...。
画像
 >> 【2012年2月8日 ユニバーサルシティ】

たぶん、JRゆめ咲き線ユニバーサルシティ駅でのスナップだと思います。
べつにUSJに行ったわけでもなく、何でこのタイミングで撮影したかは記憶にないのですが、低運転台103系の「スパイダーマン号」やお隣の201系行先表示幕が懐かしいですね。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 12


桑名駅養老線ホーム

2017/01/28 08:36
まだまだ養老線では旧型車が活躍していたころの近鉄桑名駅、元「かもしか号」の5820形が停車中です。
画像
 >> 【1982年3月23日 桑名 5822 + 5821 】

今では養老線も養老鉄道となり、ホームには近鉄側との仕切りも設けられて、様変わりしてしまいましたね。
ホームの売店や立ち食いうどん、それに写真にも写っている柱ごとに設置されたタバコの吸い殻入れが時代を感じさせますね。
記事へナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 10


美しく変化

2017/01/22 10:36
先日、やっと京都鉄道博物館に行ってきました。

かつて弁天町にあった交通科学館に居た馴染み深い車両も、再びここで会えるのはうれしい限りです。
その極一部ですが...

交通科学館で軽食レストランとなっていたナシ20形も当時は屋外での風化で色褪せていましたが...
画像
 >> 【2013年8月14日 大阪交通科学館】

めちゃくちゃ綺麗になっておりました。
画像

相変わらず中で軽食を提供しておりました。

また好きだったキハ81形も...
画像
 >> 【2013年8月14日 大阪交通科学館】

ピッカピカに。
画像

その他数々の名車が綺麗になって展示されており、館内に居てると時間も忘れてしまいますね。

往年の特急車両も多くある中...つい、身近でお世話になった103系、クハ103のトップナンバーも個人的に目を引いてしまいました^^;
画像

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 10


消えた光景

2017/01/21 22:20
頂いた情報から、9020系全車のパンタグラフがシングルアーム式に交換されたということなので...

画像
 >> 【2008年4月5日 平端〜ファミリー公園前 9029F+9023F+9030F 】

こんな光景はもう見ることができないのですね。(残り2編成になった時点でですが。)
記事へ驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 8


窓周り塗装

2017/01/15 15:07
あまり気にもしていなかった事ですが...。

シリーズ21車両群の中で、2012年頃だったと思いますが、全面窓周りのシール部分塗装が車体色と同じグレーに塗られたものが幾つか出てきました。
(窓下黒部分の幅が目立ちちょっと違和感もありました)
画像
 >> 【2015年4月29日 安堂〜河内国分 5851F 】

今後、全編成へ展開していくものと思ってましたが、最近また元の黒色に戻っているようですね。
画像
 >> 【2016年5月5日 安堂〜河内国分 5851F 】

画像を見ていて気が付いたのはこの5820系大阪線Verですが、他のシリーズ21は未確認です。
記事へナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 10


変革は確実に...

2017/01/14 10:02
先日、大阪環状線の鶴橋駅に寄ってみました。

環状線、大和路線は毎日のようにお世話になっているので日常の光景っていう感じでしたが、ふと気になったのが221系の未更新車。
画像

ちょっと前までは、まだ結構目にしたり乗る機会も多かったのですが、次々やって来る221系を見ても未更新車はあまり目にしません。
...で、他サイトにて更新状況を調べてみると、この近辺で運用されている221系の未更新車は4両編成車では残り1編成、6両編成車では残り2編成、8両編成車になると入場中含めてもう全て更新されていますね。
そりゃあ、見る機会も少なくなったわけですね。

ちなみに、この時間帯では環状運用で103系の姿はなく、新鋭323系の綺麗な車体を見ることができました。
画像

...と言うより、直ぐに103系・201系はすべてコレに代わってしまいますね。
環状線運用の103系ももう3編成しかないのですね...ビックリ。
記事へ驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 16


「開運号」、板比較

2017/01/07 10:43
南大阪線6020系6051Fがラビット塗装となり、2013年正月からの「開運号」の充当には往年使用していた大型の愛称板も復刻されて、我々オールドファンには嬉しい限りです。

でも、ここまでのファンサービスにもかかわらず、オリジナルの愛称板との”差”もちょっと気になってしまうのですよね。
...で、とりあえず過去のオリジナル板と現行使用されている復刻板を並べてみました。
画像

復刻板は「急行」と「開運号」の文字が全体的に太くなり、「開運号」の文字の傾斜が小さくなっていますね。
それと以前にも書いたと思いますが、なんといっても「開運号」文字の側面・底面から伸びる影が表現されていないのがちょっと残念です。
一見、同系色なので見過ごしそうですが、側面と底面の影色もそれぞれ濃淡を付けて凝ったものとなっていました。
またオリジナル板(当時の他の板も同じですが)はペンキの手書き感も、いい味出してましたね。

...とかとか、いろいろ書きましたが(失礼しました)、何より大型愛称板を掲示しての運用は続けて頂けることを祈ります。

(オリジナル板写真 : 1983年1月2日撮影 kagorinさん提供)
記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 10


続きを見る

トップへ

月別リンク

気ままに、気まぐれ鉄道フォト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる