アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
気ままに、気まぐれ鉄道フォト
ブログ紹介
親HP「近鉄電車フォトアルバム」の補足や、思い立った鉄道(近鉄が主になりそうですけど...)記事などを気ままに書こう...といったブログです。
zoom RSS

ついに変化(へんげ)

2016/09/26 10:13
近鉄汎用特急カラーのリニューアルが進む中、ついに施工されてほしくなかった南大阪線特急車にもその手が伸びてきました。
1番手となったのは16010系、標準軌12400系列のスタイリングでありながら16000系の塗り分けを引き継ぐ好きなカラーリングだったのですが...。
画像
 >> 【2016年1月3日 橿原神宮西口〜坊城 16111 + 16011 】

↓こうなりました...(泣)
画像
 >> 【2016年9月25日 今川 16111 + 16011 】

こうなったら(?)、一発ウソ電で、10100系〜11400系のオリジナルカラーを施してみました...やっぱりちょっと変?
画像
 >> 【ベース 2016年1月3日 橿原神宮西口 16011 + 16111 】

もうやけくそで...
画像
 >> 【ベース 2016年1月3日 橿原神宮西口 16011 + 16111 】

個人的には、やっぱりオリジナルカラーが良いです。
(16000系ニューカラー化が怖い)

記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5


ドアエンジンカバー

2016/09/26 09:58
前記事コメントでちょっと話題になった1600系の乗降扉上部のドアエンジンカバー、異様に出っ張っているものがありました。
これ、1470系も同じ形態だったと思います。

友人が記録した1470系の車内写真にちょこっと写り込んでいたので、貼り付けておきます。^^;
画像
 >> 【1981年5月 上本町 モ1472車内 撮影:kagorinさん】
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3


シングルアームとダブルアーム

2016/09/25 06:44
タイトルだけ見たらパンタグラフの話題かな〜って...いえいえ、ワイパーのお話です。

まあ、今の車両の話ではないのですが、近鉄一般車の規格化の先駆けとなる6800系や1600系、同系列内でも出場年代によって仕様の違いが多かったのですが、標識灯の形状については過去もいろいろ話題になった部分でもあります。

でも、ちょっと気になっていたのがワイパー。
おそらく登場時には、現状の窓下からアームが伸びているのではなく、サイドから横方向にアームが伸びているのが標準だったと思います。
その後、仕様がアームとゴム部ブラケットが固定されたもの、いわば”シングルアーム”から、ゴム部ブラケットが一定角度となるように改良された”ダブルアーム”式へと変わっていきました。
画像

晩年まで、横方向取り付け形態を残していたのは6815〜6821(奇数車)、1606F〜1609Fでしたが、このなかで1607Fのみ横方向仕様のまま、”ダブルアーム”に交換されていたのでちょっと異彩を放ってましたね。
画像

...今となっては話題にするほどのネタではないのですが、今まで触れていなかったので書いてみました。^^;
記事へ驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 11


意外に少ない吉野線

2016/09/22 08:26
1980年台に撮影した写真を見てみると、意外に吉野線での撮影記録が少ないんですよね。
(まあ、詳しくは話せませんがそういった理由も無きにしも非ず^^;)

そんな中、吉野線撮影場所の定番、吉野川橋梁で撮ったものが2枚出てきました。
画像
 >> 【1984年7月9日 大和上市〜吉野神宮 6105 + 6151 + 6010 + 6009 】

画像
 >> 【1984年7月9日 大和上市〜吉野神宮 16001 + 16101 】

16000系、今見ると何となく大井川鉄道に見えないこともないですね。
...河川敷の車を見ると時代を感じます。

(PS)
当時の特急停車駅って、橿原神宮前からだと下市口、大和上市、吉野神宮だけじゃなかったかな?
まさか福神にまで停まるなんて誰が想像したことでしょう。
記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 10


副標でPR

2016/09/19 14:56
「なばなの里」のイルミネーションPRで、夕刻時間帯にPRの副標(車内掲示ですが)を掲げて走る名古屋線急行が今年も運転されますね。

近鉄バファローズが在りし日、ホームグランド藤井寺球場でのゲーム当日には、そのPRのためにバファローズマークを掲けて走る急行や準急の姿をよく見かけました。
画像
 >> 【1982年4月11日 橿原神宮前 6124 + 6162 + 6028 + 6027 】

写真の頃の副標は、岡本太郎氏デザインのロゴマークを使用したものでしたが、この後「バッファくん」→「バフィリード」へと意匠変更されて行きました。
記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 17


お蔵入りしていたVマーク

2016/09/18 17:25
過去記録したネガのデータ化も、なかなか捗らず牛歩状態...あー生きてる間に完了するかどうか(爆)
そんな中、手がけた18年前の平城宮跡での写真の中にオリジナル30000系のダブルデッカー側面のボケ・ブレ失敗作品を発見。
こんなの撮ってたのか〜ってくらいに忘れていますね。
画像
 >> 【1998年8月26日 西大寺〜新大宮 サ30160】

画像
 >> 【1998年8月26日 西大寺〜新大宮 サ30108】

EX化が進んでいた過渡期ではあるものの、まだまだオリジナルビスタを見る事が出来たころでした。
記事へナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 12


カラフル、スナックカー

2016/09/17 21:22
18400系あおぞらUが引退して、もう3年も経つのですね...
画像
 >> 【2013年11月10日 宮津車庫 18409F/15203F/15204F】

これは18400系引退イベントのスナップですが、そう遠くはない12200系の引退時には、この写真の18400系が12200系となり、プラス「かぎろひ」の並びが見られる機会があるかもしれませんね。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 12


スズメバチ変色

2016/09/11 08:54
いよいよ22600系も新カラー化で2連車が3編成出てきました。
スズメバチが少し変色したってところでしょうか...^^;
しばらく過渡期の間は、オリジナル色と新色の混結編成を多く見る機会がありますね。
画像
 >> 【2016年9月10日 橿原神宮前 22654F/22653F】

22600系の新色デザイン、22000系と同じく個人的には割とマッチングしているような感じを受けます。
画像
 >> 【2016年9月11日 橿原神宮前 22654 + 22954 ほか】

しかしながら、Tc車側面の”Ace”ロゴマークが消滅してます。
画像
 >> 【2014年9月13日 橿原神宮前 ク22958】

22000系リニューアルのように新デザインのロゴマーク付けてほしいですよね。
記事へナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 14


「青の交響曲」、始動

2016/09/10 17:13
いよいよ「青の交響曲」の運転開始ですね。
吉野駅では、観光キャンペーンのイベント開催やメディアも沢山来てて賑わっていました。

近くで見てみると車体周りの意匠もかなり凝っていますね。
画像
 >> 【2016年9月10日 吉野 ク16301】

画像
 >> 【2016年9月10日 吉野 モ16251】

画像
 >> 【2016年9月10日 大和上市〜吉野神宮 16201 + 16251 + 16301】

やっぱり...乗ってみたいですね。^^;
記事へナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 12


過渡的中間車?

2016/09/04 08:32
1980年台までは増結用のMc車やTc車が各線存在していましたが、長編成化や編成固定化が進んで行くとそのニーズもなくなり、廃車や中間車化が進められました。

そんな中、大阪線の1480系の増結用Tc車は4両が運転台撤去の上、サ1550形と形式も専用に割り振られ3連の2430系の中間に収まりました。

何となく、運用上での車両編成を行う上での過渡的系式みたいなイメージだったのですが、何故かあまり記録しておらず今ではちょっと後悔。
画像
 >> 【1998年7月19日 大和八木 サ1555 】

数少ない記録のうちから失敗作を貼り付けておきます。^^;
記事へナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 14


青の交響曲まもなく

2016/08/28 16:27
9月10日から運用が開始される16200系「青の交響曲」、お盆前あたりから結構試運転を行っていたようですが、この暑さに耐える事が出来ず撮影には出かけていませんでした。

少し涼しくなった今日、かねてから告知のあったクラブツーリズム主催の運用前ツアーがありましたので、見に行ってきました。
画像

全体を見れば種車は6200系というのは分かりますが、当然のことながら随所大幅な改造が加えられて一般車の面影はありませんね。
画像

今週末の有料試乗会を経て、9月10日からの運用が楽しみです...そのうち乗ってみたいですね。^^
記事へナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 18


桑名のポイント

2016/08/27 08:10
友人の古い写真から見つけたのですが...
桑名駅の名古屋寄りにある上下線を渡るポイント、これって通常よく使われるものなのかな?
画像
 >> 【1982年1月5日 桑名 20305 + 20205 + 20105 撮影:kagorinさん】

記事へナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 16


オリジナル表記

2016/08/21 08:06
現在でも三岐鉄道北勢線で活躍する200形、かつて三重交通の花形として4401形を名乗っていたのは私が生まれる前の話です。
当時は3車体連接での電動車であったので、現サ201はM1、現サ101はT1、現ク202はM2と呼ばれていました。
画像
 >> 【1964年頃 田中保正さん提供】

その後、近鉄合併後電装解除し、トレーラー編成となったのですが数々の改造を経た現在においても残っているものがあります...妻面にある編成略記号です。
画像
 >> 【2009年7月19日 西桑名 サ201】

画像
 >> 【2009年7月19日 西桑名 サ101】

画像
 >> 【2009年7月19日 西桑名 ク202】

もう動力が外されてから半世紀以上経つ現在では意味を持たないオリジナル状態での表記ですが、これが残っているというのはある意味素晴らしいですよね。
画像
 >> 【2014年8月13日 西桑名 202 + 101 + 201ほか】

現在、当時の塗色に復刻されていますが、車両自体はもちろん、当時の貴重な遺構となる記号表記も長く見られることを祈りたいですね。

記事へナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 12


16000系クーラーキセ

2016/08/20 09:18
16000系のオリジナルクーラーキセといえば...
画像
 >> 【2011年8月12日 橿原神宮前 ク16106】

コレですよね。
16005F・06Fが引退した時点でもう近鉄線上ではこのクーラーキセを見ることは無くなりました。
(見ようと思えば大井川へ...)
その他、リニューアル工事を受けた16000系はクーラーキセの形状も変更されました。
画像
 >> 【2015年3月21日 橿原神宮前 ク16108】

このように、ギャラリー部は網材となりすっきりとした外観となりました。

...が、当初は気づかなかったのですが、16007Fのクーラーキセは少し違いがありますね。
画像
 >> 【2015年3月28日 吉野口 ク16107】

側面ギャラリーの開口サイズが大きいですよね。
なぜ?...わかりません。<(_ _)>


記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 12


解放感

2016/08/15 09:12
20000系「楽」を側面から撮ったスナップ。
画像
 >> 【2016年6月26日 平端付近 ク20151】

改めてみると、2列目辺りまではとてつもなく大きな側窓とシースルーの前面展望で「しまかぜ」を凌駕する解放感があるのではないでしょうか...シートのグレードは別として。

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 12


残念なラッピング

2016/08/14 09:36
2811Fさん
ただでさえ先頭に立つことの少ない方だけでなく、全編成ラッピングして頂けたらありがたいのですが...。
画像
 >> 【2016年8月13日 霞ヶ浦〜富田 2811 + 2961 + 2861 + 2911 ほか】

残念!

記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 12


空き?

2016/08/13 21:51
お盆時期に突入し、連日午前の伊勢方面への特急も満席が続いていますね。

夏空の下、名古屋から賢島に向かう「しまかぜ」を横から狙ってみました。
...ん、2・3列目は空席?
画像

全員カフェなどに行っているというのも可能性低いね...空席としたら、ちょっと不思議な光景。

記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8


親HPにて

2016/08/11 16:06
最近親HPのほうもネタがなく、更新も週イチなんですがそれもままならない状況でもあるので、ちょいと近鉄以外の番外編や過去記事の再掲示枠を設定してみました...見たことある画像も多いですが、よかったら見てやってくださいまし。

今回、1983年に撮った京阪電車をアップしてみました。
画像
 >> 【1983年12月10日 滝井〜土居 2273 + 2313 + 2330 + 2360 + 2352 + 2302 + 2223】

ここにある京阪2200系2223Fですが、28年後の2011年に丹波橋駅で記録したものがありました。
画像
 >> 【2011年2月11日 丹波橋 2273 + 2313 + 2330 + 2360 + 2352 + 2302 + 2223】

窓枠や幌枠、表示器などの変化はあるもののまだまだ健在だと思っていたら、この後すぐに廃車になってしまったそうですね...残念です。

記事へナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 12


変則編成

2016/08/07 08:55
変則編成って言葉は私にとってあまりピンとこないのですが、近年南大阪線16000系の16008FにおいてMc+TユニットもしくはM+Tcユニットのどちらかが検査入場したときに、残ったユニットが別の編成と組成された時に用いられていますね。
画像
 >> 【2016年8月3日 吉野口 16151 - 16009 】

こういった組成の時、中間妻と運転台が向き合うわけですが、近鉄特急ではアーバンの増結編成は除いてこのような姿はもうこの編成しか見る事が出来ないんですね。
思えば昔、11400系オリジナルが走っていた頃は日常茶飯事だったのですが...。
画像
 >> 【1981年12月13日 大和八木 11411 - 11512 】

ちなみに16008F、電算機号ではMc+TがY08、M+TcがY51となっているので、それぞれ単位で検査入場するのですが1981年に走ったお召列車では、御料車は当時新鋭の16010系と伴車が16108+16008になっていたので、この組成ってレアなんですね。
画像
 >> 【1981年5月 橿原神宮前 16011 + 16111 ほか】

...お召し試運転時に16010系側しか記録しておらず、16108+16008側も記録しておくべきだったと反省している今日この頃。

記事へナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 14


ラビット色4年

2016/08/06 07:33
4年前、突如として現れた復刻ラビットカラーの6020系6051F。
画像
 >> 【2012年9月1日 橿原神宮前 6051 + 6052 + 6171 + 6136 】

そして先日、五位堂入場の為に再び同じ場所にやって来た同車。
画像
 >> 【2016年8月3日 橿原神宮前 6051 + 6052 】

どうやら、このラビットカラーも見納めのようですね。
画像
 >> 【2016年8月3日 橿原神宮前留置線 6136 + 6171 ほか】

この4年間、いろいろ楽しませてくれましたね。

記事へナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 20


続きを見る

トップへ

月別リンク

気ままに、気まぐれ鉄道フォト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる