気ままに、気まぐれ鉄道フォト

アクセスカウンタ

zoom RSS 着実に展開

<<   作成日時 : 2018/03/04 00:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 8

前々記事でモ2811標識灯のLED化について話題にしましたが、奈良線8602Fも同じく標識灯がLEDになっているのを記録した画像から見つけました。
画像

こうなると、VVVF車に使用されている角形の横3連タイプの方はどうなのか当然気にかかりますが...。
↓従来のものでは電球発光のため中央部が重点的に光ってます。
画像

↓別の編成の画像を見てみると、均一に面発光しているようなものが見受けられますね。
画像

これって同じようにLED化されているのかもしれませんね。

これも特急新塗装化の様に、気が付けば全部LEDに変わってしまっていたっていうようになるかも...でも、未だに前照灯のLED化は消極的ですね。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
前照灯ではなく標識灯でしたか…。
近鉄の場合LED他社と比べて前照灯は少ないですね。
京阪みたいに1960年代製造の車両にLED前照灯を付けているケースもありますが。
みーたん
2018/03/04 09:37
大和路ポストマン様こんにちは。
少しずつですけど 波及して
いますね。
改造で思い出されるのは、扇風機・
変わったのはラインデリア車の
冷房車への改造ですね。
方向幕取付で思っいきり変わり
ましたからですね。
のぶやん
2018/03/04 12:32
種別灯のLEDといえば5200系がお馴染みで、そっちも編成によって形態がまちまちですね.さすがに60年代の車両は先が見えつつあるため、必要性は感じられませんが...
車内照明の方はACEのリニューアルも相まって、順次LED化されていますね.
スターあっと
2018/03/04 17:54
識別灯の形体の違い、良く見てみるとエースカーとスナックカーの違いと同様ですね。さりげないところで仕様の統一化が見られるのも興味深いです。

近鉄ではヘッドライトだけを更新した車両は見かけないようですが、奈良線に乗り入れる阪神電車は積極的に更新されているのを良く見かけます。増結用の2連は更新されていないようで…何とも分かりやすい(^-^;
奈良漬
2018/03/04 19:34
みーたんさん
近鉄の場合は外装の照明はLEDに関してまだ試行錯誤っていう感じがしますね。
近鉄乗り入れの阪神車両や京都市交車両は前照灯もLEDに交換されているものをよく見かけます。
大和路ポストマン
2018/03/06 22:58
のぶやんさん
冷房改造が始まった時期は、まだ行先表示器が設置されないまま施工されていましたが、おっしゃる通り行先表示器取付で見た目もかなり変わりましたね。
大和路ポストマン
2018/03/06 22:58
スターあっとさん
5200系は製造年の違いによって新車から標識灯LEDの形態が異なっていましたね。視認性の面でいろいろ試行錯誤が見られます。
電力消費の観点から見ると、車内照明のLED化のほうがランニングコストへの影響が大きいのかもしれませんね。
大和路ポストマン
2018/03/06 22:59
奈良漬さん
エースカーとスナックカー、確かにそういった相関がありそうですね。
先にも書きましたが、乗り入れ車両は結構前照灯のLED化が進んでいるようですね。LED自体の形態も車両(系式?)によって異なっているのは面白いです。
大和路ポストマン
2018/03/06 22:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
着実に展開 気ままに、気まぐれ鉄道フォト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる