気ままに、気まぐれ鉄道フォト

アクセスカウンタ

zoom RSS 名車の終焉

<<   作成日時 : 2009/04/03 22:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 19

1993年10月、友人と伊賀神戸駅に行ったときのことです。見慣れない場所に2両編成の電車の姿がありました。
しばらく伊賀線で活躍していた880系です。

画像

折りしも奈良線820系が冷房搭載されて伊賀線に本格導入され始めたこの時期、それまでの過渡期に運用されてきた880系が、行き先表示器が外されてスカートもなく、更に高安(?)廃車回送のための標準軌台車を履いているのは、元奈良線特急の名車の終焉の時を物語っていました。
(どう見ても伊賀線狭軌運用していた台車と同じものなのにそのまま標準軌になっていたのは???でした)

この882Fは元800系の807Fです。ご存じかと思いますが、807Fは昭和50年に京都線で踏切事故に遭遇し、編成半分が廃車となった数奇な運命もつ編成です。中間車に運転台を設け、編成両端先頭はまったく違う顔をもつ880系は近鉄車両の中でもなかなか面白い存在でした。

画像

880系のステンレス帯は前面のみに残されて、側面は外されていましたけど、807F時代、ステンレス帯はあったものの側面部はマルーン色に塗り潰されていましたね。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(19件)

内 容 ニックネーム/日時
1993年10月、私は1歳と1ヶ月でした。
湘南形と呼ばれるこの前面スタイル、もう既にこの言葉自体が死語となっているような気がします。
近鉄は車両保存に消極的で、一般車や特急車どころか歴代ビスタカーすら一両も残ってないのが残念です。
当時の図面だけでも残っていれば、レプリカで再現できるのに(そもそもそんな物作るお金が無い。)。
現在まだ現役の860系すら予断を許さない状況であることは明らかです。
ただの通行人
2009/04/04 00:41
 こんばんは。
 880系…いや、私たちの年代では、"800系"と呼ぶ方がわかりやすい車両でしたね。京都線での踏切事故被災車の、"相棒"の生き残り編成、この事故は私も新聞で知りましたが、記事写真に紹介されていた横転した800系先頭車の、しかも衝突という大きな衝撃が加わったにも関わらず外れずに掲げられていた、『方向板』の存在が妙に記憶に残っています。

 管理人様が気になされていた台車ですが、伊賀線で運用されていた同車も他車と同様、旧南大阪線用6800系からの廃車転用品を再利用していました。画像で紹介されている廃車回送準備に履かされていた台車は、おそらく既に廃車されていた同世代の車両(1470系あたり!?)の発生品を利用していたのではないでしょうか?

 ps:800系シリーズはステンレス製の、"ヒゲ"がないと様にならない…、私も同感です。スイス・アルプス山系の麓でこっそり走らせても全く違和感が感じられないほどに洗練された車体デザインを持っていた800系、現代でもこれくらい整ったデザインをもつ車両っていくつもありませんね。
びす・たかお
2009/04/04 00:50
800系は奈良線のエースで、私が知っている頃は特急専用で、乗る機会はほとんどありませんでした。モスグリーンの15m車両がほとんどの中で、赤にステンレス帯の18m車両は、独特の風貌と共にまさに奈良線の勇者でした。やはり私は後継の820系のほうがよりスイス的で好きな車両でしたが、一時代を築いた車両の終焉は寂しいものです。
デトニ2300
2009/04/04 08:05
ただの通行人さん
路線条件などから何とか現在まで生き残ってきた元820系の860系も、近いうちに代替え車両の検討が始まることと思います。
おっしゃるとおり、復刻車両はともかく820系登場時の姿に復元して保存など近鉄(伊賀鉄道)の現状では難しいでしょうね。
大和路ポストマン
2009/04/04 16:30
びす・たかおさん
私も微かに800系の京都線踏切事故に関する写真を見た記憶がありますが、横転した車体は覚えていますが方向板が付いていたかは記憶にありませんでした。しかし確かに凄いですね。

そういえば1470系などの台車も同じ形態でしたね。これを持ってきたとは思いつきませんでした。(長年の疑問が解決しました^^;)
大和路ポストマン
2009/04/04 16:35
デトニ2300さん
白黒ですが、近鉄車両紹介のDVDなどでは奈良駅を出発する新車の800系の記録を見ますが、旧型車が走るの中を颯爽と駆け抜ける800系の姿は注目を浴びたことだと思います。
登場時から、この880系に至るまでほとんど姿を変えずに活躍してきた車両の終焉は確かに寂しさを感じました。
大和路ポストマン
2009/04/04 16:42
管理人さんこんばんは
一番上の写真の800系電車行き先表示板を外すとそこまで穴があるとは、はじめてみました〜
とうこ
2009/04/04 22:50
伊賀線は大概 廃車の時比土駅に集まってますが このときは しばらく 伊賀神戸駅の標準軌のホ−ムに留置されてましたね (あのホ−ムは何様だったのか知ってる方いませんか?)880系はいわゆる繋ぎ選手でしたが、赤/白の塗りわけや自動方向幕 ブラックフェイス化のプチ近代化なんかで嫌いではありませんでした。むしろ反対側の運転台は大きい一枚ガラスと左オフセットの枠とか 3200系的な?異色な感じが好きでした。でもその異色の運転台ができる原因となった事故は知りませんでした〜。
800系時代 4両で田原本線爆走してたんですね 生駒線の主だと思ってました。一度橿原線で乗ったことがありましたが、ピンチヒッター的なノリだったのを覚えています。(鳥羽行き快速急行であおぞら号がきた時くらいビックリしました。笑)もう シュリ〜?台車やつまんで降ろす窓とか過去なんですよね〜 元特急車といっても京阪の1900系みたいに3扉にしてでも最後まで第一線で使うような使われ方がしなかったのはやはり前の生駒トンネル様に設計された小型車だったからですかね?
スルット博物館
2009/04/05 01:07
管理人様おはようございます

2600系電車
大和高田から大和八木間の乗車なので大概両開きドアーのよこにある予備席のクッションにお尻と背中を付けて立ち乗車ながら楽しめる車両でした・・ボックスシートは車内がすいている時のみ通路側に遠慮気味に座ってましたね^^(連投でごめんなさいね^^)
とうこ
2009/04/05 07:49
こんにちは。いつも楽しく拝見しております。2600 系や2610系の停車中に床下から聞こえたゴロンゴロンという音は何だったんでしょうか。今でもなぞです。近鉄に魅せられて40年以上たちましたが、流行追わないデザインと地味だけど高級な内装が好きでした。最近はJRっぽいですね。かっこいいけど。
nyanyao
2009/04/05 12:18
とうこさん
どうやら880系の行き先表示器は手動式のユニットとなっていたようで、それを外せば単なる”窓”になっていました。

ボックスシート、いまでは2610系のWC前に残るのみとなってしまいましたね。(これもちょっと座席ピッチ広げられたかな?)
大和路ポストマン
2009/04/05 14:53
スルット博物館さん
800系晩年は田原本線での運用も多かったように記憶しています。
当時807Fは中間車側には運転台はなかったので、820系とともに4連で走っていました。また、881Fの元805Fの半分が880系となった後、残った806+703の中間車703には貫通扉付きの運転台が設置され、これも特異な存在となっていました。
何れにせよ話題多き車両でしたね。
大和路ポストマン
2009/04/05 15:00
nyanyaoさん
床下からの音に関しては、どんなものかよく覚えていません。カム回転音かCP制御弁の音か...?

2610系のボックスシート時代、車内や座席の造りはしっかりしていましたが、やはり4扉での固定クロスシートには若干設計的にも無理があったようで、大人4人が座るものなら、向かい合わせの人と足の配置を考慮しあったりして...^^;
大和路ポストマン
2009/04/05 15:04
元近鉄伊賀線について
近く関東地域の中古車を伊賀鉄道に導入が本決まりのようです・・くわしくは管理人様のリンクにある「近畿日本鉄道博物館」にて〜
とうこ
2009/04/09 13:37
とうこ様 はじめまして〜
マジですか!導入!ってことは860系もわずかですね

マジで写真取りに行こう!しかし思い切りましたね
大手私鉄同士の購入劇 いや〜ないと思ってました
スルット博物館
2009/04/09 21:57
イヤ〜東急のvvvf車に京王の3000系ですか〜
伊賀鉄道様 すげぇ〜 鳥肌もんですねぇ
伊賀線でインバーター音きける!
京王車もシングルアームパンタで22600系と同じですね! いや これすごい
 
スルット博物館
2009/04/09 22:37
すいません シングルアームじゃないのね
一人で盛り上がってしまった・・・ 気分よく寝ます
スルット
2009/04/09 22:42
自分は京阪沿線の人間だから
京阪の旧形車両は知っているものの
近鉄に乗る機会は限られていました
このため前面貫通型の820系は乗ったことがありますが
湘南型の800系には乗る機会がないまま
廃車になってしまいました。
京阪沿線民
2009/04/14 10:53
京阪沿線民さん
車内の雰囲気では800系も820系とそう違った印象はありませんでした。
私の場合は反対に京阪の旧型車には詳しくありませんが、小学生の頃親と一緒にくろんど池にハイキングに行った際、交野線にて乗った車両で印象に残っていることと言えば、前面中央にある独立に取り付けられたシールドビーム2燈(改造されたものだと思いますが)の形状のヘッドライトをつけた旧型車(?)でした。
1700、1800形あたりだったのしょうかね。
大和路ポストマン
2009/04/17 22:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
名車の終焉 気ままに、気まぐれ鉄道フォト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる