消えゆく近鉄色

今年の3月から元東急7700系の運用が開始される養老鉄道。
既にHPで告知されておりますが、1月で運行を終了する623F、運行終了のヘッドマークを掲げて最後の活躍を行っています。
画像

ヘッドマークは6000系時代の6015F表記もあり、デザインは季節柄でしょうか、元南大阪線で走っていた「樹氷号」に似たデザインとなっていますね。
画像

更には...

大垣~西大垣の1区間で使用されていた「大垣-西大垣」の系統板も1月で終了となるようです。
2月からは車掌側窓内からの貼り付け表示に変更されます。これも元近鉄車両に限ってということになりますが...。
画像

養老鉄道に見る、マルーン塗装、扇風機付き車両、角形標識灯、系統板表示...近鉄オールドファンにとっては貴重な存在でもありました。
画像

これら”近鉄色”が無くなっていくのは寂しいの一言に尽きますね。

樹氷ライナー

昨年の夏、半ば恒例になっていた臨時特急「サマーライナー」の運転がなくなり湯の山特急を見る機会も無くなってしまったとちょっとガッカリしていました。

そんな中、今年は近鉄エリアキャンペーンで冬季臨時特急として四日市→湯の山温泉で「樹氷ライナー」が運転されることとなりました。
名古屋発、大阪発の連絡特急にもヘッドマーク掲示されるとのことなので、何とか全て見られる四日市駅へ行ってみまることにしました。

この日の名古屋発鳥羽行き連絡特急は、12200系の重連8両編成、車掌側窓内に「樹氷ライナー連絡」のマークが掲示されています。
画像

大阪発の連絡特急は22000系ばかりの6連...知らない間に22000系2連車もリニューアル工事が進んでいますね。
画像

本運用の「樹氷ライナー」は22661Fの2連でした。
画像

10分ほどの間、3列車よくばってのバタバタ撮影となり変な写真ばかりですが、一応記録程度にはなりました。
色違いのヘッドマークはなかなか良いですね。(何気に雪の結晶のデザインも変えていますね^^)
画像

大阪線区間快速

親ページ連動ネタです。

大阪線の区間快速、なくなってもう7年。
平日には松阪行きもありましたね。上本町から松阪までの所用時間は約2時間でしたね。
画像
 >> 【2002年9月13日 榊原温泉口 5812F】

こんなカラフルな「まつくかい」もありました。^^;

掲示に変化

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

さて今日2日は、とりあえず「開運号」の撮影、行ってきました。
既に他ページに掲載されている情報で、6051Fラビット色になってから続いている大型愛称板の掲示が無くなったということは知っていましたが、板無しの顔も初めてなので記録しようかと...。
画像

でも、やはり大型愛称板が無いと寂しいですね。もう見ることができないのでしょうか。
モ6051側の愛称プレートも”暗雲”が立ちこめてます。
画像

帰りに利用した田原本線、復刻塗装8414Fも記念愛称板掲示が無くなりました。
画像

考えたくありませんが...名古屋線の様に板掲示廃止?...そうでないことを祈ります。

この時期の話題

この時期(というか大みそかから元旦)の話題は、私オールドファンにとっては”初日号”と名の付く愛称列車。
若かりし頃は大みそか終夜運転で、元日まで夜通し駅撮影もしましたが、今ではなかなかそんなことも出来兼ねぬ体力となり...。

まだ南大阪線が愛称列車天国だった37年前の1982年元日早朝、阿部野橋から2本のみ運用された「葛城初日号」、その存在は知っていましたが、初めて記録できたのがこのタイミングでした。
当時の撮影仲間と古市駅で撮影することにしました。

1本目6077F(この時はTを挟んだ4両編成だったと思います)が古市駅に到着。
画像
  >> 【1982年1月1日 古市 6077F】

当時はカメラは家にあるカメラと安価で勝ったストロボの組み合わせ、しかも暗闇での撮影なので、作品としては当然見れたものではありませんでしたが、記録としては何とかなったかな?、といった感じでしょうか。

2本目にやって来た「葛城初日号」は、つい最近まで養老鉄道で活躍続け、惜しくも引退した625Fの前身、6037Fでした。
画像
 >> 【1982年1月1日 古市 6037F】

ストロボ発光しなかったため、暗い写真になってしまいましたが、愛称板は何とか認識できました。良いように言えば返って肉眼で見た情景に似た感じになってリアリティが増しましたね。

2019年元日は湯の山線で「初日号」が運転されるようですが、なかなか撮影に出向くのは困難なので、また記録された方の画像を拝見して楽しもうかと思います。

今年もネタ切れで話題性に乏しい内容のなか、ご訪問いただいた皆様、大変ありがとうございました。

来年、親ページも20年を迎えます。
自分自身ここまでよく続けられたと思いますが、世相は私の世代からは次世代、いや次々世代に進み、それに対して当ページの内容も陳腐化する一方で、いつまで生き延びられるかわかりませんが、ブログタイトル通り気ままにやって行けたらと思います。

来年もよろしくお願いします。

では、よいお年を。

写真集 その2

半年前に第1弾が発売されたのですが、既に第2弾が発売されてました。
画像
前回の最後のページにあった30000系オリジナルの側面イラストと”To be continued”の文字通り、今回は30000系ビスタⅢ、20100系あおぞら、20000系楽編です。

今度の最後のページには10400系側面イラストと”To be continued”の文字...楽しみ!

小ネタ

小ネタほどでもありませんが、12月15日の拾い集めです。

1)今里駅での近鉄車と阪神車の並び。
画像
 近鉄編成番号だけ見ると、1257FのMT並びですね。

2)緑色現る。
画像
 田原本線を脱出して奈良線準急運用に入ってました。

3)信貴山口行き準急
画像
 あちらこちらで運行車両の画像が掲載されているので、ここでは行先表示板を。
 信貴山口駅でしばらく展示されていました。

試行編成?

日常的に目にするインバータ車のヘッドライト。
画像

最近、こんなのに交換されています。
画像

特急車両では幾つか目にするLEDヘッドライト、一般車もようやくお目見えしました。
他への展開車両は今のところ見たことがないので、試行段階かもしれませんが...。
見たところ、10個のLEDレンズ枠が並んでいますね。

点灯状態はを見てみると...
中央縦列4個がロービーム、他はハイビームということでしょうか。
画像

1034F、前面取り付けのホーム検知センサーといい、LEDヘッドライトといい、試行編成ともいうべきでしょうか。^^

進化図

前から、22600系→22000系→12200系。
画像
 >> 【2011年1月9日 今里 22659F ほか】

後ろから、12200系→22000系→22600系。
画像
 >> 【2011年1月9日 今里 12254F ほか】

各2連の6両編成、オリジナル色時代の特急車両進化図みたいな編成ですね。

11/23 2題

少し前の話、2題...

もう色々なサイトでご紹介されていますが、先日11月23日に柏原市制60周年記念企画で道明寺線に特急が走るイベントが開催されました。
今回はオリジナル色16007Fでの運用の期待もあり、友人と出かけることにしました。
予想していたこととはいえ、沿線にはたくさんのファンが詰めかけていました。
画像

大きめのHMと回送時でもHM付けての運用には嬉しいサービスでしたね。

その後、大阪線など撮影し夕食までの時間にJR奈良駅で時間をつぶしていると...。
画像

ちょうど103系がやって来ました。
もうここでも103系は2編成しか残ってないのですね。

16000系オリジナル色、奈良線103系ともに見納めの時期に来てしまいました(悲)

頑張る103系

大阪環状線から103系が消えてから1年余り、その間阪和線、大和路線から103系が消え奈良線ももう4連車は風前の灯火となりました。

そんな中で今でも毎日活躍しているのは、和田岬線の103系R1編成の6連、特殊な運用とはいえその姿を見れるのは嬉しいですね。
画像

前面窓のステンレス金具の補強枠がないのでオリジナルの顔に近いですね。
画像

ちなみに、姫路まで行くと播但線103系の2連Verが元気に活躍しています。
画像

前パン、何となく違和感ありますね。

簡易運転台

1982年頃に京都線急行5連化で使用された1650形ですが、今でも2両が入替車として残っているのは嬉しいですね。

以前ここでも出た話題ですが、連結面側の入れ替え運転台ってどのような形をしていたのだろう...というもの。
当時、新田辺駅で撮影をしていた時は、車両外観ばっかり注目していて、簡易運転台はどのようになっていたかの記憶はあまりありません。
画像
 >> 【1982年7月28日 新田辺 】

かすかに覚えているのはマスコンと車掌弁が通常はカバーで覆われていて、使用時にはそのカバーが開く構造になっていたということ。

今回の近鉄鉄道まつりの高安工場で、休憩電車から隣に居た入替車の簡易運転台を窓越しに撮影してみました。
画像

マスコン、車掌弁、計器類やスイッチ類は当時のままなのでしょうね。さすがにカバーはもうありませんが。

ちなみにメインの運転台も覗いてみました。
画像

主要機器のみ残されて、必要ないスイッチ類等は外されていました。

でも、この造形や機器などは今ではもう他に見ることのできない貴重なものなので、残しておいてほしい車両ですね。

違う顔

10月14日から田原本線100周年記念列車の8409Fと8414Fに掲げられているHMのデザインが変更されましたので、先日友人と見に行ってきました。
画像
 >> 【2018年10月20日 箸尾~但馬 8414F】

何となく昔使用されていた方向板をデザインしたような感じですが、昔のデザインそのままの方が良かったかも...と思うのは私だけ?

その後、午後からは京都線などで電車撮影後、夕暮れの富雄駅で陽落ちまで撮影していると、午前中田原本線で見た8414Fが8413Fとともに奈良線普通運用でやって来ました...ビックリ!
画像
 >> 【2018年10月20日 富雄 8414F + 8413F】

8414F、朝と夕方で違う顔を見ることができました。

直通貸切+α

今日は田原本線100周年記念イベントでの田原本線~大和西大寺直通の貸切列車を見に行ってきました。
既に大凡の時刻も公表されていたので、少し前に撮影場所にスタンバっていると...。

22600系+30000系の6連京都行き特急がやって来ました。
先頭の車番を見ると「22651」、ということはついに22600系のオリジナル塗装車が消滅したってことですね。
画像

次は目的の貸し切り列車、大型MHは昨日まで田原本線内で使用されていたものをそのまま掲示、それに加えて副票が掲示されていました。(前後で8409Fと8414Fをデザインしたもの)
画像

そのあとにやって来た京都行き特急、どうやら12400系のようです。
車番を見ると「12402」...これも新塗装となったということで、12400系塗装変更も終了ですね。
画像

12200系を除く、オリジナル塗装特急車もあと僅かですね。

掲示終了

近鉄特急運転開始70周年記念のステッカー掲示、延長されていましたけど9月末で終了しましたね。
...結局、あまり記録できなかったなあ。T_T
画像
画像

10年後の”80周年記念”では、アーバンライナーはどのようになっているのでしょうね。

身近なところではあと僅か

先月、なら燈花会に行った帰りに奈良駅で普通運用を終え回送される103系が停車していました。
画像
 >> 【2018年8月14日 奈良 NS413】

大和路線から6連の103系が無くなってからは、103系を見る機会が減ったのですが、こちら奈良線の4連車も205系の置き換えで、もう残り僅かとなってしまいましたね。
画像
 【2018年8月14日 奈良 NS413】

1か月前くらいに偶々スマホで撮影したこの103系NS413編成も、今月初めには吹田送りとなったようですね。

リニューアル記念「寿司列車」

人気を博している恒例の「寿司列車」、天気も良かったので橿原神宮前駅まで見に行くことにしました。
画像

今回2日間ある企画、実は去年のこのツアーに参加して良かったので申し込んだのですが時すでに遅し...リニューアル「つどい」には湯の山温泉の足湯列車にでも乗ることにしましょう。
画像

昨日は「足湯列車」お披露目ツアーで、同じく橿原神宮前駅には2日連続の「つどい」訪問となりました。
「寿司列車」では、今月30日にもう一度やって来ますね。

脇役でも...

もうすぐ近鉄鉄道まつりが開催されますが、今年の展示車両はいかなるものでしょうか。

7年前、2011年の鉄道まつりでの画像を引っ張り出してみました。
メイン展示車両は、当時まだ活躍中であった3000系や伊勢志摩ライナー、22600系、アーバンライナー、楽、はかるくんでしたが、その横に脇役的にビスタEXと養老鉄道の602Fが並べられていました。
画像
 >> 【2011年11月13日 五位堂検修車庫 30207F/602F】

風前の灯火となった30000系EXカラー、近年には東急車両に置き換わってしまう元近鉄の養老鉄道車両のツーショット、今となっては脇役でも見栄えする画になりますね。

何時まで見られるか

昔懐かしい愛称板や系統板の復刻掲示を企画されている養老鉄道、我々近鉄ファンにとっては嬉しいですね。
今秋は604Fセンロク に「なし狩り号」、606Fラビットカーに「フルーツライン号」のHMが9月中掲示されています。
画像

画像

また、西大垣~大垣の1駅間の運用、車両入替による回送とせずに営業運転を行い更には系統板での表示は嬉しい限りですね。
画像

今でも(元)近鉄車両で、日常的にこのような光景↓が見られるのはココだけですね。
画像

いよいよ東急車両による車両の置き換えが始まりますが、近鉄車両故の愛称板や系統板は近鉄車両が消えるとともに消滅してしまうのでしょう。

秋は鉄道まつり

今年も鉄道まつりの日程とイベント内容が公開されましたね。
また、塩浜会場も五位堂・高安会場と日程は異なるものの秋に開催されるようになりました。

イベント内容を見ると、近年はファミリー向けが主流ですね。マニア向けのものはマナーや安全性の面で行わないようになったのでしょう。

5年前はこんな過激なモノも企画されてましたね。↓
画像
 >> 【2013年11月2日 河内国分 モト77+5802F+モト78 】

...今年のシャトル運用は「楽」や「かぎろひ」ではなく「あおぞらⅡ」?