横展開進む?

シリーズ21ではHIDヘッドライトのLEDが一気に進みましたが、それ以前の車両はなかなか進んでおらず、1020系1034Fが試験的に施工されているのみでした。
少し前ですが、8810系の8913Fが1020系1034Fと同じLEDヘッドライトに交換されました。

200704_01-8810-8914.JPG
試験期間終了でいよいよ他車への横展開になるのでしょうか?

200704_02-8810-8913.JPG
そう言えば、以前アーバンライナー21110Fも一時的にLEDヘッドライトに交換されていましたが、最近再び21106FがLEDのヘッドライトに交換されたようですね。

D70_7035.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

この記事へのコメント

ポケット保持
2020年07月04日 11:21
大和路ポストマン様おはようございます。
このLED前照灯、なんだか「びっくり目」に見えます(@o@)
まさやん
2020年07月04日 19:22
毎度です。

何か113系の「チクビーム」みたいですね。
現場の運ちゃんからの評判はどうなんでしょうか?
車では純正は問題無い様ですが社外品ではかなり当たりはずれもあるようで・・。
のぶやん
2020年07月04日 21:21
大和路ポストマン様こんばんは
電球の生産縮小が関係しているので
時代の流れなのでしょうね。
しかし 省エネの観点からいいのでは
ないのでしょうか
話はそれますけど、内装が変わっている車両も見受けられるので 広がると
思いますね。
1421と同世代
2020年07月05日 00:20
大和路ポストマン様、こんばんは。
LEDヘッドライト、関西私鉄では近鉄が一番、
採用に慎重な感じですね。
相互乗り入れしている阪神は、車齢が高い
武庫川線の赤胴車すらLEDに換装しており、
対照的です。

お写真の車両は、窓上部のステンレス板に
シールドビームとLEDライトの大きさを埋める
ためのリングが追加されたので、他の方も
ご指摘のとおり、少し変わって見えますね。
一方で窓の中にライトケースがあり、ブラック
アウトされているシリーズ21や京急1000系だと
LEDになってもほぼ違和感がありません。
角屋根車も窓上部のステンレス板を小さな穴の
ものに取り換えればすっきりするのでしょうけど、
そこまでお金をかける気はないんでしょうね。
大和路ポストマン
2020年07月08日 06:13
ポケット保持さん
元の意匠からLEDユニットに無理やりスペーサーを組み込んで大きさを合わせて嵌め込んだ感じですね。確かに目を見開いているように見えますね。(笑)
大和路ポストマン
2020年07月08日 06:14
まさやんさん
構造的にはシリーズ21の方がユニット交換しやすかったのか結構LED化が進んでいるので、その使用感も検証済みなのでしょうね。
車の場合はリフレクターが絡んでいるのでそうなるのでしょうね。
大和路ポストマン
2020年07月08日 06:14
のぶやんさん
確かに”電球”自体の存在が今後無くなっていく方向なので、現情勢から近鉄もやっと重い腰を上げたのでしょうか。
既に名古屋線1200系や南大阪線6600系もLED前照灯搭載車が出現するようです。
内装リニューアル、個人的にはもう少し明るいイメージの方が好みなんですが...。
大和路ポストマン
2020年07月08日 06:14
1421と同世代さん
おっしゃる通り、近鉄では表示、灯具関連のLED化は他社よりも遅れていますね。前照灯よりも標識灯のLED化を優先しているようですね。
仰る通り、LEDユニットは電球よりもスペースをとらないので、HIDからの交換では意匠的には問題ないのですが、こちらはやはり違和感がありますね。
まあ今のご時世、最低限の投資は必項、現状維持で出来るだけ合理的に施工をする上では、こういった形になるのでしょうね。