残るアイテム

田原本線の8400系3連の記録を何気なく見ていると、懐かしいアイテムがまだ残っていることに気が付きました。

これら3連車は登場から現在に至るまで興味ある変遷がありましたが、8409F~8411Fは登場時は2連(厳密にいえば8408Fもそうですが)、その後3連となりました。
8400系登場当時の京都線では2連・3連をフレキシブルに組成変更できるよう合理的に機器配置を行い、中でも2連車はおそらく900系を含む単独Mc車が増結できるよう考慮し、電気連結器と併せてジャンパ用ソケットも装備されたのではないかと思いますが、詳細は解かっていません。増結するMc車連結面側は電気連結器を持っていないための措置だったのでしょうか。

8410F~8411FのMc車には5個のソケット、8309F~8311FのTc車には3個のソケットが設置されていていました。(数が違うのは向きによって機器配置が異なるせいかな?)

200613_01-8400-8410.jpg
200613_02-8400-8310.jpg
200613_03-8400-8311.jpg
確かにモ8411に連結されたモ8417を見てみると、電気連結器は装備されておらずジャンパケーブル接続となっていました。

200613_04-8400-8411.jpg
モ8409に関しては冷房化前からソケットが無かったので、元々付いて無かったのか撤去されたのか、またク8309のソケットは後付けなのか当初からあったのかなど...これも詳細解かっていません。

200613_05-8400-8309.jpg
これらソケットが設置されている部分の上には雨除けの板が取り付けられていました。ただク8309の記録(上写真)を見るとその板が付いていませんでしたので、初めから無かったのか撤去されたのか、ソケットのみ後付けされたか等は不明。

その後、冷房化・8411F固定3連化などを経て、現在でもそれら懐かしいアイテムが一部残されています。

8409Fのク8309は雨除け板は元々ありませんでしたが、ソケットが支持されていた板は残ってますね。

200613_06-8400-8309.JPG
モ8410のソケットと雨除け板は完全に撤去されましたが、元モ8411のモ8461はどうなのでしょう...ソケットはそのまま、ジャンパケーブルも使用されていますね。
雨除け板は...機器箱で見えにくいです。
よーく見ると、僅かな隙間から板が見えているようにも思えます。

200613_08-8400-8410.JPG
200613_07-8400-8461.JPG
2連の8410Fク8310側は傾斜の付いていた板が下側に押し下げられたような形なりました。このせいでソケットが支持されていた板が残っていたかどうかが見えませんでしたが、何となく残っていたような感じでしたね。
この編成は残念ながら既に廃車となっています。

200613_09-8400-8310.JPG
8411Fク8311の雨除け板は今でも残っていますが、ソケット支持板は撤去されているようですね。
雨除け板の角度は水平に近い?

200613_10-8400-8311.JPG
と、また細かい部分を長々と書いてしまいました<(_ _)>
記事内は”憶測”が多いので、間違っている所や更に詳細情報あればご教示頂ければ幸いです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

1421と同世代
2020年06月14日 14:39
大和路ポストマン様、こんにちは。
電気連結器の装着が当たり前の近鉄では、先頭部の
ジャンパ栓は珍しいですね。
同じように近畿車両で作られた車両のはずなのに、
ジャンパ栓を付けていた頃から、形態に差異がある
のが面白い所です。
今では先頭車+中間車という連結の組み合わせは、
南大阪線で稀(16000系4連の片割れや、はかる君)
に見られる程度ですが、かつての8400系はフレキシ
ブルな組成を目論んでいたのが興味深いですね。
高性能化以前の電動車はほぼ運転台付きで、単車で
走れた時代の名残でしょうか。
そう言えばかつてはJRの神戸線を走る快速の113系も、
クハ+サハという組成がありましたが、そのうちクハ+
クハの運転台向かい合わせになりました。
まだ国鉄の雰囲気が残っていた幼いころの思い出です。
のぶやん
2020年06月14日 20:39
大和路ポストマン様こんばんは
ジャンパー線付きは、特急車両に使われていて
独特の雰囲気を醸し出していましたけど、
通勤車両では、8400系だけだったですね。
京都線の運用都合により生まれただったですね。
後にモ1650が、応援に入りましたけど連結器の
進化で使われませんでしたね。
びす・たかお
2020年06月14日 22:26
 こんばんは。8400系の3連ジャンパ・ソケットですか、実車は橿原神宮前駅・京都線ホームに各駅停車運用で入っているのを時々見るくらいでした。でも京都側からMc+MC+Tcと固定編成ばかりの中ではかなり特異な存在だったのは憶えています。先頭部に露出したジャンパソケットを見て、「繋ぐ相手はいるんやろか?」と疑問に思ってましたね。
 連結相手の関係でジャンパ栓を装備していた車両だと南大阪線のク6109号がやはり頭に浮かびます。元々6000系6017F(モ6017+モ6018+ク6109)の3連組成の阿部野橋側に増結Tc(ク6114)を繋ぎ通常は4連組成で運用していた車両ですが、冷房装備+固定編成化される前、他の3連組成車が検査入場に入った兼ね合いでク6114を外し、ク6109が先頭となる3連で稀に運用に入っていました。制御回路等は相方のク6114とはジャンパ栓接続で対応していましたから、ク6109号は連結器下に装備した電気連結器と、運転台下に、"逆三角形”に3つのソケットを装備した二刀流の装備と、かなり特徴のあるスタイルでしたね。そういえば、電気連結器を装備する前はほとんどの高性能車もジャンパ栓接続で対応していたはずなので、このク6109号のジャンパ栓ソケットの形態が古のスタンダードだったということでしょう。
nyanyao
2020年06月15日 08:17
こんにちは。武庫川線特集、楽しく拝見いたしました。これは、本来の難波延伸計画で、生駒越えのために造られた形式ですか?それにしても、まだまだ使えそうですね。近鉄名古屋中古車センター線に差し上げるべきですね。それはそうと、コロナ、ひと段落つきそうですが、湿気続きの天候・・ご自愛を。
大和路ポストマン
2020年06月19日 06:32
1421と同世代さん
近鉄新性能車も各線充実してきた時代ですが、、組成についてはそれぞれニーズに合った対応がとられていて、それに応じた機器の配置が見られますね。
今では1両単位での車両増結は無くなり、おっしゃる通り先頭+中間の組み合わせはほぼ見ることがありませんが、駅での増解結が定常となった昨今の運用では確かに扱いにくい存在ではありますね。
大和路ポストマン
2020年06月19日 06:32
のぶやんさん
電気連結器を持たない10100系が運用されていた頃は、同時期に運用される特急車はジャンパーケーブルを装備していましたね。12400系までソケットが設置されていました。
京都線にやって来たモ1650形は構内での増解結が必要なため、連結面側も簡易運転機器も充実したものが設置されました...それを利用して入替車として今でも存在していますね。
大和路ポストマン
2020年06月19日 06:32
びす・たかおさん
私も8400系を詳しく見るようになってからは既に単独Mc車のモ8417も8411Fと固定化されていて、2連の8410F含めて系列内あるいは900系などが増結された姿など見たことがありませんでした。実際に増結運用があったかは不明です。
6000系ク6109もジャンパーケーブル接続だったのですね。確かに車籍などで古い写真を見ると6800系や6000系は前面にジャンパーソケットを装備していますね。そう言えば、16000系もジャンパーケーブル接続でしたね。
大和路ポストマン
2020年06月19日 06:33
nyanyaoさん
8400系の3連車は田原本線でのワンマン運用者となり、延命しているのも確かですね。一般車の新製も未だに滞っている状況下、この先どの系列がどう動くかは見えませんね。

お気遣いありがとうございます。
湿度の上昇、更には大雨も懸念される今年の梅雨...お互いに気を付けましょう。
12245
2020年06月20日 08:27
遅ればせながら失礼します。8409Fか8410Fかに900系のMc車が単独で連結されての営業運転を見た記憶があります。もちろん両形式とも冷房化前です。この時初めて2連8400系にジャンパ連結栓受けがある理由を理解しました。推測ですが、当時3連は8400系と920系しかなかったので、何らかの理由で3連車が不足した時だけの運用ではなかったかと思います。およそ45年位前のことです。ところで2連時の8411Fって単独で走行した記録ってあるんでしょうか?
いつも大変楽しみに拝見させて頂いてます。ありがとうございます。
大和路ポストマン
2020年06月27日 07:16
12245さん
8400系2連車への900系増結は実際に運用があったのですね。そういえば西大寺駅での900系単独増結された写真を、上本町のバーで見せて頂いたのを思い出しました。
京都線は当時2~3両運転のニーズが高かったので、単独編成を組める900系を利用してフレキシブルさを出そうとしたのでしょうね。
さすがに私も8411F単独2連は見たことが無いです。この2連は1970年12月に単独で出場していますので、その時代は2連運用もあったとおもいますが、記録は見たことが無いですね。