気ままに、気まぐれ鉄道フォト

アクセスカウンタ

zoom RSS 先駆け

<<   作成日時 : 2018/03/24 16:32   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 10

田原本線100周年イベントで近鉄一般車マルーン色復刻も話題になっていますが、今の一般車塗装の先駆けとなったのは京都線の3200系でしたね。
非貫通の前面スタイルと相まって当時は近鉄電車らしからぬイメージもありました。そういえば登場時は4連でしたね。
画像
 >> 【1986年3月20日 新田辺〜富野荘 3701 + 3801 + 3201 + 3101】

この頃から写真撮影が休止期になっていったので記録が少ないのが残念です。
これ以降、マルーン色の一般車は全てこのカラーに変わっていきました。
画像
 >> 【1986年3月20日 新田辺〜富野荘 8713 + 8073 + 8213 + 8573】

...もう30年以上の話とは思えませんね。(個人的に^^;)


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
大和路ポストマン様こんばんは。
もう 30年以上前になりましたね。
初期の塗分けも試行錯誤でしたね。
引退間際の1460・680系にも採用されて
いましたね。
なぜか サ1780には採用されなかった
記憶が、ありますね。
のぶやん
2018/03/24 20:20
もう30年以上前ですね。昭和の電車、今は平成30年です。今見ても斬新な印象は変わらないと思います。
私が3200系を初めて見たのは九条の駅でした。見たと言うより聞きなれない音に反応して注目した感じでした。試運転で駅に進入するタイミングで独特のインバータの音、ツートンと7000系ソックリの先頭車、あのときは「これ近鉄なの?」と疑問を抱いた記憶がありました。
このあと既存車も同様のカラーリングになりましたが、ラビットカー一族の初期の前面の塗り分けが独特の厚化粧?で話題となりましたね。今の特急の塗装変更と似たようなものですね。
奈良漬
2018/03/24 20:42
3200系の写真を見る限り、とても30年以上前には見えませんね.5200系も然り、この頃の近鉄の新系列は洗練された外観の車両たちばかりが出揃っていましたね.しかしながら、旧世代の置き換えも相まって、VVVF車は2両車ばかりが製造されたというのも紛れもない事実です.3200系は見た目も走行音もいかに地下鉄に直通することをPRしていますね.今でこそ京都市交10系もVVVF改造を行って、フルカラーLEDも付けつつありますが、それまでの烏丸線のVVVF車=近鉄車という状態でした.3200系は、近鉄がこれからの一般車はアルミで製造するという意思表示でもありますね(近鉄初のアルミ量産車).
スターあっと
2018/03/25 12:01
大和路ポストマンさまこんにちは
3200・3220系では「奈良・京都号」のラッピング列車が思い出では強烈ですね!ただ残念なのは3000系が京都市営地下鉄に入線できずに終わってしまった点でしょうかね。
ラッピングと言えば6620系6626F(MT26)の吉野線開業記念のラッピングも思い出深いですね。
とうこ
2018/03/28 16:12
のぶやんさん
3200系塗装がベースとなり他一般車への塗装変更が展開されましたが、前面ステンレス飾りのあるチョッパ車はまだしも、丸屋根車はおっしゃる通り試行錯誤していたようですね。初期の前面塗り分けはちょっと締まりのない感じでした。
大和路ポストマン
2018/03/28 21:46
奈良漬さん
私も何より当時はこの聞きなれなかったインバータ音が印象的でしたね。
先にも書きましたが、塗装横展開での苦労はかなりあったと思いますが、3101F〜03Fは側面ホワイトの上側塗り分けは高い位置のまま残っていますね。当時南大阪線6400系出場時も側面は同じ塗り分けだったと記憶しています。
大和路ポストマン
2018/03/28 21:47
スターあっとさん
当時の近鉄車両の秀逸さが伺えますね。
確かに当時の2連車は900系や8000系初期車が主で、置換も迫られた時期において3200系は近鉄のアルミ量産車を確立した貴重な系列でもあると思います。
当時の斬新な3200系も、京都市交10系の前照灯や行先表示がLED化されつつある昨今、その部分ではちょっと取り残されたようになっていますね。(3200系だけに限りませんが...)
大和路ポストマン
2018/03/28 21:47
とうこさん
3220系のラッピング、良かったですよね。
あのままの姿で運用してほしかったのも正直なところです。
6620系では6623Fの「吉野フォレスタ」もなかなか良かったですが、あれはラッピングじゃなかったですよね。
大和路ポストマン
2018/03/28 21:51
遅れ馳せながらこんにちは。田原本のマルーンいいですね。シルバーラインも豊満なボディに良く似合っています。今の紅白パンダがいかにヘボいかよくわかります。
全部、丸屋根系統はこれでいいかもと、思いました。
春になりましたので、大和参りついでに是非見たいと思います。
nyanyao
2018/03/31 10:01
nyanyaoさん
今の塗色は見慣れてしまっているのでマンネリ化しているかもしれませんが、丸屋根車全部これになってしまったら、そのうちまた今の一般塗装が懐かしく感じるのでしょうね。^^;
大和路ポストマン
2018/03/31 21:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
先駆け 気ままに、気まぐれ鉄道フォト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる