気ままに、気まぐれ鉄道フォト

アクセスカウンタ

zoom RSS 勿体ない。

<<   作成日時 : 2017/12/23 16:32   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

夕闇迫るころの橿原神宮前駅橿原線ホーム。
更にF値の暗〜い望遠レンズで撮ったらブレブレになるのは分かっているのに...案の定。
画像
 >> 【1982年2月7日 橿原神宮前 921F/929F 】

920系冷房改造過渡期の、しかもトップナンバーとラストナンバーの並び...いい記録なのに、あー勿体ない!

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
大和路ポストマン様こんばんは。
惜しい 写真ですね。
920系は、高性能改造と改番で今は、
名古屋線の主力ですね。
一部中間車は、再び改造・改番されて
古巣に房っていますね。
昨日は、地元の伊勢若松駅 開業100周年で
『つどい』での記念列車が名古屋線と鈴鹿線を走ったそうです。
私は、記念乗車券とキーホルダーを買いました。
仕事の都合で夕方に行きましたが、『急行 伊勢若松』は、売り切れでした。
のぶやん
2017/12/23 19:57
ブレブレ感もいい味だしてます。スマホで気軽に撮れる時代ではあり得ないものでして…
勿体無いと申されても、3桁ナンバーでラインデリアと冷房車の並びだけで過渡期の920系と一目で分かりました。塗装の質も今と比べたら艶がなく、特に更新前の物は“艶消し”みたいな感じがしました。
今昔がよくわかる貴重な記録ですね。
奈良漬
2017/12/23 21:50
大和路ポストマンさまおはようございます
車両の大きさが違うように見えるのですが??
新旧の並びのメモリアル感凄いですね。

旧塗装の艶消し感と言えば昭和40年代の大阪環状線の今は亡き103系の車体塗装を思い出しますね。
とうこ
2017/12/24 08:37
今の塗装は検査明けになるとピカピカで、車番も縁の部分が綺麗になって他の編成と異なるようにも見えますが、これでマルーンレッドを再現するとなると...当時よりも赤みが強すぎてリンゴのようになってしまいそうな予感がします(ヒストレも一色の時は阪急風でしたので).
今でも市販のデジカメは処理の都合からブレが発生してしまいます.スマフォの場合は補正も処理も瞬時に行いますが...
920系、例の不具合がなければ今でも鈴鹿線でも幅を聞かせていることでしょう(以後は極力2000系を専属しているそうです).
スターあっと
2017/12/24 22:23
のぶやんさん
1993年頃、920系が1010系に改造されていることなど全く知らずに、数年ぶりに電車撮影に名古屋線に行った時にいきなり”1111”の車番と出会い、友人と「あれ、なんや?」と言っていたのを記憶しています。
高性能化の上、新天地での活躍を担っていたわけですが、故障などで不遇な系列でもありましたね。
「つどい」、本業を終えても、休む暇なしですね。
大和路ポストマン
2017/12/28 08:04
奈良漬さん
何とか車番が確認できるので、救いだったと思います。
おっしゃる通り、私も経時劣化した当時の塗装はまさに艶消し茶色のイメージがありました。それ故、検査上がりの車両や新車がひと際輝いて見えていましたね。
大和路ポストマン
2017/12/28 08:05
とうこさん
1番線の921Fが小さく見えるのは既に動き出しているので、並び撮影を焦ってちょっとシャッターを早く切ったのでしょう。
各社当時は同じような”艶消し”を見る機会が多かったですね。
大和路ポストマン
2017/12/28 08:05
スターあっとさん
現在の養老鉄道車両はマルーン一色の元近鉄一般車塗装を再現していますが、確かに記憶に残る色(艶も?)はちょっと派手なイメージに感じています。
名古屋線でも省人化による無人駅化やワンマン化が進んでいく中、車体リニューアルも行った1010系がワンマン運用の第1線から外れたのは残念ですね。
大和路ポストマン
2017/12/28 08:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
勿体ない。 気ままに、気まぐれ鉄道フォト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる