気ままに、気まぐれ鉄道フォト

アクセスカウンタ

zoom RSS 臨時急行あやめ池行き

<<   作成日時 : 2017/08/15 19:43   >>

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 15

先日、鉄道部品や資料(特に近鉄)を収集されているマスターのお店に行ったとき、数々の貴重な行先表示板や愛称板の中からこんなのを見つけました。
画像

「臨時急行あやめ池号」...こんなのがあったのですね。板面文字通り京都発着だったようです。ということは、西大寺駅でスイッチバックし奈良線1駅目のあやめ池まで運用というなかなか近年では見ることのできない運用ですね。

見た感じ古そうなモノですが絵柄からすると、あやめ池遊園地で過去開催された大菊人形展の時のようですね。
詳しくは私が生まれた頃の話なのでよく分かりませんが昭和41年頃に開催されていたようで、その時に運用された臨時列車ではないでしょうか。

おそらく旧400形や旧600形などが運用に就いていたのかな?

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
大和路ポストマンさまこんにちは
写真の行き先表示板・・まさにお宝写真ですね。

運用を考えると今現在の超忙しい西大寺駅でのスイッチバック運用は無理芸!ですね。

臨時急行というやり方今現在ではきつそうです。
とうこ
2017/08/16 16:49
 大阪では、菊人形と言えば枚方菊人形が有名でしたが、あやめ池も毎年菊人形展が開催されていました。当時河内永和に住んでいた私には遊園地と言えばあやめ池でした。小学校高学年になれば、一人、もしくは友人とよく行ったものです。ところで件の菊人形、子どもの目にはあまりきれいとは感じなかったことを思い出します。そのあやめ池遊園地も、玉手山遊園地も、近鉄系列ではありませんが、奈良ドリームランドもすでになく、時代の移り変わりを感じます。当時の実家もすでになく、小型車が活躍していた奈良線もだんだん知る人も少なくなってさみしい限りです。
デトニ2300
2017/08/16 17:22
写真のサボは相当なマニアックで、あやめ池行きはどう運用するんだと首をかしげさせる一品ですね.今では考えられない行き先です.一方でUSJの開園は関西の経済全体ではあまりにも代償が大きすぎたという印象です.本題のあやめ池遊園地も然りで、奈良県内では平地部分から遊園地がなくなり、近鉄の運営もこの時から厳しくなってきたという反響が垣間見えます.他社でも宝塚ファミリーランドなどがなくなり、阪神以外は財政難という有様です(残留組も安泰にあらず).
メディアなどでは盛り上がりムードが見られますが、実際はUSJが嘗ての関西私鉄の盛り上がりを奪ったというようにしか思えませんね..."ジャンクテーマパーク"と言えるような今のUSJ・大阪難波辺りなど、イメージが低下してようで残念でなりません(特にメディアに踊らされているユーザーの光景).そういった外部要因が、近鉄では車両のテコ入れが大幅に遅れる結果となったのは本当に遺憾です.
その割には車内照明のLED化やシングルアーム式パンタの搭載には積極的なのが謎ですが...(養老鉄道でもシングルアーム式パンタ化が続出中)
スターあっと
2017/08/16 19:26
大和路ポストマン様こんばんは。
本当にレアな方向板ですね。
菊入形展といえばひらパーを思い出しますね。
あやめ池は、2621FがL/Cカーになった時の西大寺での撮影会の後の部品即売会で訪れましたね。
西大寺では、モワ11・12 L69を撮影したのを思い出しました。
のぶやん
2017/08/16 21:17
とうこさん
記憶に新しいところでは京都〜難波間の特急が西大寺でスイッチバックしていましたよね。
今このような運用を行うとしたら企画ツアー列車くらいかな。
大和路ポストマン
2017/08/19 07:19
デトニ2300さん
あやめ池の菊人形は開催時期の関係から知らなかったのですが、過去文献を見てみると当時は結構PRもされていたようですね。
おっしゃる通り、大型テーマパーク時代の昨今、地元の遊園地はほぼなくなり、その長い歴史の幕が閉じられるのは寂しい限りですね。
大和路ポストマン
2017/08/19 07:25
スターあっとさん
USJ、最近テーマのコンセプトもよくわからなくなり、ソフト面で人気あるものは何でも取り入れているような感じですね。
おっしゃる通り、近鉄(所有)沿線の遊園地も最盛期は車両面でも躍進が見られましたが、今ではその活気も影を潜めているようです。
大和路ポストマン
2017/08/19 07:29
のぶやんさん
私もあやめ池遊園地は子供が小さいころよく訪れた思い出の地でもあります。
部品即売会も開催されていたのですね。
この時の西大寺撮影会では中間に入った8069Fの先頭車も披露されたようですね。この後すぐ運転台が撤去されて残念な姿になってしまいましたね。
大和路ポストマン
2017/08/19 07:33
タイトルを見た瞬間架空の運用かと思いました。PRを兼ねた列車でしょうか。
あやめ池に着いてからはどうしていたのか気になります。
奈良漬
2017/08/19 09:35
奈良漬さん
確かに現況ならば”架空運用”ですね。^^;
何時かあやめ池遊園地でトーマスのイベントやっていた時も臨時運用ではありませんが、定期列車にPRの副票が付けられていましたね。
あやめ池到着後は、そのまま東花園送りだったのでしょうか。
大和路ポストマン
2017/08/19 12:13
カメレス失礼します。

私自身は菖蒲池行きを見た事は無いのですが、昔、遊園地側に西大寺方面から来た列車の折り返し線がありました。
大阪側には通じてはいませんでした。

あと昭和52、53年頃の鉄道ジャーナルで近鉄特急の乗車手記が掲載されていて、その時掲載写真には京都駅での「急行菖蒲池」表示のロール式の行先案内が写っていましたので、休日や菖蒲池の催しもの開催時には、毎回運転があったのかも知れませんね。
たかキック
2017/08/23 22:14
大和路ポストマン さん
デトニ2300さん

私も菖蒲池遊園地での大菊人形展に昭和48年頃に遠足で行きました。
円型大ホールでの開催だと思います。

トーマスイベントは過去2回あったでしょうか。
始めは円盤型副表で、次には長方形副表に変わり、運用中は取り付けたままでした。
トーマスイベントに相当力を入れていたのですね。
たかキック
2017/08/23 23:08
たかキックさん
あやめ池の駅設備に引き込み線があったのは知りませんでした。西大寺方面から来た列車をここで折り返すことが出来たのですね。
臨時運用列車でも定期的に運転されていたという事でしょうね。

トーマスイベント時はおっしゃる通り第1弾は丸形、第2弾は角型の副表が掲げられていました。
まだ現在のように整備されていない平城宮跡付近で撮影したのも懐かしい思い出です。
大和路ポストマン
2017/08/26 09:03
大和路ポストマンさま
先日はご乗車いただきありがとうございました❗
きんてつじろう
2017/08/31 20:04
きんてつじろうさん
先日は突然の乗車、失礼しました。
また、気まぐれ乗車しますので、よろしくおねがいします❗
大和路ポストマン
2017/09/01 21:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
臨時急行あやめ池行き 気ままに、気まぐれ鉄道フォト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる