気ままに、気まぐれ鉄道フォト

アクセスカウンタ

zoom RSS こちらの変遷は特殊?

<<   作成日時 : 2017/07/16 18:03   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 10

前回記事の30000系変遷のほか、近鉄では特定の車両において変化を遂げた車両もありますね...「つどい」、「かぎろひ」など。

でも、なかなか他にはない驚愕の変化があったのは、やはりこの車両でしょうか...「青の交響曲」

種車は、ごく一般の6200系。
画像
 >> 【1982年9月15日 橿原神宮前 6311 + 6222 + 6221 】

6200系晩年時期。
画像
 >> 【2015年9月5日 今川 6311 + 6222 + 6221 ほか】

で、一般車から豪華列車に大改造。
画像
 >> 【2016年10月11日 橿原神宮前 16301 + 16251 + 16201 】

16200系「青の交響曲」...まだ乗っていません...というか、なぜか積極的に乗りに行っていませんね。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
大和路ポストマン様こんばんは。
製造時 通勤車両でデビューして特急車両に昇格したのは始めてですからね。
旧5820系は、元々伊勢電鉄の特急車両が格下げ後再び改造して復活した前例は、ありましたけど
しかし前面を見ると初代ビスタカーのTcに以ていて違和感は、感じられないと思います。
のぶやん
2017/07/16 22:16
大和路ポストマンさまこんばんわです
UがSY01に変身したのは驚きですが「はかる君」に比べたらまだ予想の範中ですね、因みに他社(JRさん)ですが117系が青のシンフォニーっぽい変身するようですそれも6連をフルに使うようです。
とうこ
2017/07/16 22:45
 こんばんは。
 この車両は確か私が高2の時に新造されたグループだったと記憶しています。尺土駅で電車を待っていると試運転でやってきたシーンは今でも忘れられません。ブレーキ作用装置から聞こえるエアーの吐出音とこのグループから装備されるようになった小ぶりの密着連結器、それに圧搾空気の除湿装置から排出されるドレン音が今までの一般車と全く違いました。
 12410系以来特急運用に入る3連組成車という点でも、また京都線モ680系以来一般車からの格上措置を受けたという点でも久しぶりな存在となる車両となりましたね。でも残念ながら私も今もって現車を見る機会はありません。今は緑一色の高田川の桜並木をダークブルーの車体が横切るシーンはどう目に映るでしょう!?巷での評判は上々な様子でメディアでも西の豪華列車ラインアップの一つに挙げられることが多いようです。見るより…撮るより…やはり、"まず乗ってみたい"車両ですね。
びす・たかお
2017/07/17 01:59
"スナックカー"→"あおぞら"はありきたり過ぎな感じが否めませんが、"かぎろひ"となると大変身という感じになる辺りが不思議です.
はかるくんへの改造はコアな近鉄ファンでないと元の車両が分からない程です.
3ドア以上の車両を2扉以下にして特急車に改造する構造は富山地方鉄道にもありましたが、青のシンフォニーはそれを地で行った大改造となりました.
JRの高すぎるクルーズトレインよりもリピーターが集まりやすく、価格もお手頃なのが好印象です.プレミアチケットの期間がいつまで続くか気になるところでもあります.
スターあっと
2017/07/17 12:03
近鉄も特異な改造車(悪質な自動車みたい)をリリースしてきましたが、ごく普通の通勤車から豪華特急に転身したのは他の鉄道会社を見ても例がないのでは?
はかるくんのような事業用途に転身した車両は他の会社でも見かけますが、格上げとなれば2ドア車が種車になることが多いですね。

近鉄は大がかりな工事は得意のようで、ドアを移設とか喫煙コーナー設置で壁に穴を開けてみたり。過去の事例では車体延長なんてのがありましたね。リムジン仕様?
奈良漬
2017/07/18 15:20
のぶやんさん
「青の交響曲」16200系の前面、屋根上は6200系の面影を色濃く残していますが、全体の仕上がりとカラーリングで元一般車であるということを感じさせませんね。
初代ビスタカーク10003とク10005は旧性能から高性能特急車への変遷過渡期で、どちらのエキスも感じさせる面白い形態でしたね。
大和路ポストマン
2017/07/19 21:41
とうこさん
確かに「はかるくん」も驚きでしたね。
おっしゃる通り、117系もリニューアルするそうですね。イメージ的には豪華絢爛な列車というより、くつろぎと満足感のある空間に注視したものになりそうですね。
大和路ポストマン
2017/07/19 21:41
びす・たかおさん
元は地元であった南大阪線、「さくらライナー」が登場した時でさえ、驚愕の思いだったのですが、まさに「青の交響曲」はそれを上回るものとなりました。(新車ではなく6221F改造という事でも...。
外観はともかく、車内の変貌は予想以上でその空間自体を優雅な気分で過ごせ、乗車することが目的になる車両に仕上がっていますね。
確かに乗ってみたいですが、現状の人気度では”機会があれば”といった状況ですね。
大和路ポストマン
2017/07/19 21:41
スターあっとさん
営業距離の関係もあるかとは思いますが、「しまかぜ」にしろ「青の交響曲」にしろ、ちょっと料金を上乗せすればこの豪華さを味わえるのが良いですよね。
現況では乗りたいときにいつでもっていうわけにはいかないのが残念ですよね。
大和路ポストマン
2017/07/19 21:42
奈良漬さん
近鉄車両の過去の経緯でも、結構大きな改造も数多く行われていたみたいです。
ドアの移設や削減などは近鉄ではお手の物、でも車体延長などは今考えると結構大改造の部類にはいりますよね。確か旧6330形が車体延長されたと思いますが、6200系と番号が似ているのも面白いです。
大和路ポストマン
2017/07/19 21:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
こちらの変遷は特殊? 気ままに、気まぐれ鉄道フォト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる