気ままに、気まぐれ鉄道フォト

アクセスカウンタ

zoom RSS 懐かしい音

<<   作成日時 : 2017/06/24 15:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 14

近鉄富田駅から北西に伸びる三岐鉄道線、今でも電鐘式踏切が存在するということなので、見に行くことにしました。
沿線数か所にあるのですが比較的ロケーションのよさそうな「山城8号踏切」をターゲットとし、保々駅から歩くこと20分、現地到着です。
画像
 >> 【2017年6月23日 山城〜保々】





踏切もそうですが、切符も今なお硬券が使用されており、セメント運搬の貨物列車も度々走っていてもう今の近鉄にはないローカル色がまだまだ満載です。

今回、この三岐鉄道線に乗車するのは初めてですが、釣り掛け車両が存在する頃に行っておくべきだった...と、いつもの後悔心でいっぱいでございます。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
大和路ポストマンさまこんばんわ
近江鉄道と同じ西武鉄道からの移譲車両ですね。

西武の地から移って来てからかなり時間がたっているのでそろそろ車両交換があってもおかしくないですね。
とうこ
2017/06/24 20:05
大和路ポストマン様こんばんは。
電鐘式踏切は、子供の頃を思い出されます。
構内踏切の甲高い警報音が懐かしいですね。
セメント輸送で思い出されるのは、四日市港の末広川橋りょうですね。
(現役で使用されている跳ね上げ橋です。)
鉄道まつりのついでに寄られるファンもいますね。
のぶやん
2017/06/24 21:30
いきなりですが、
他人の画像を自分のものと
主張するのはどうかと
おもいますが?
党正
2017/06/24 22:21
とうこさん
あまり三岐鉄道線の車両は詳しくないのですが、確かに車齢はかなり経っていると思われますね。
車両更新も将来確実に行われることでしょうから、現在の記録を大事にしたいですね。
大和路ポストマン
2017/06/25 04:51
のぶやんさん
確かに、昔は近鉄沿線でも普通にこの”鐘”の音を聴くことができましたが、気が付けばすべて電子音に替わってしまいました。
跳ね上げ橋、そんなのもあったのですね。(貨物関係は全く無知で...)
大和路ポストマン
2017/06/25 04:55
党正さん
他人の画像というのは、当記事のものでしょうか。
それとも他特集ページのものでしょうか。
何を根拠に「他人の画像を自分のものと主張」と書かれておられるのでしょうか。
ここで掲載しているものは自分が記録したもの(当記事画像に関しては当日現地撮影でマスターもあります)か、お借りしている画像はすべてその旨コメントしております。
大和路ポストマン
2017/06/25 05:01
大和路ポストマン様こんにちは。
親ページの三岐鉄道写真で思い出しましたが、箱型電機機関車の他に凸型電機機関車が1両有りますね。
元は、南海電鉄のED5203で今は、東藤原のセメント工場構内入れ替えに使用されていてめったに見られないそうです。
貨物列車の写真で前2両は、セメント用で後ろは、フライアッシュ(石炭灰)で、碧南の石炭火力発電所の定期便などで使用されていますね。
のぶやん
2017/06/25 13:02
久し振りの新着、お待ちしておりました.踏切の音が絶大にレトロですね...
...レトロでピンと来ましたが、近鉄もここまで一般車の投入がないなら、開き直ってレトロ号を大量に走らせれば面白いと思い出しました.構内踏み切りとの相性はもちろん、西青山などとの風景を狙うバトラーが殺到しそうです.
最近の動向からしてブログが終了したのかと思っていたため、一安心です.
その間にも近鉄9820系9822Fがシングルアーム式パンタグラフに交換されました.シリーズ21の6連車のパンタ交換はこれが初で、予想通りの動向となりました.
スターあっと
2017/06/25 13:25
のぶやんさん
三岐鉄道の電機にはそういったレアなものも存在するのですね。(聞くと気にかかりますね^^)
詳しい内容はわかりませんが、よく目にするED45○も電機ごとに色々生い立ちがありそうですね。
大和路ポストマン
2017/06/25 15:25
スターあっとさん
ページ更新の放置、失礼しました。(また度々あるかもしれませんがご容赦を...)
車両自体をレトロで謳うというのはなかなか奇抜なアイデアですね。
しかし、そこまで引っ張ろうとするとメンテナンスの技が必要になってきますね。
シリーズ21の下枠交差型パンタも近いうちに見納めとなりそうな勢いですね。
大和路ポストマン
2017/06/25 15:29
これも貴重なアイテムですね。鳴り終わりの余韻?が何とも独特で好きでした。
三岐鉄道は阿下喜から歩いて乗った記憶があります。どこの駅だったかは覚えていないのですが…
奈良漬
2017/06/25 15:35
奈良漬さん
鳴り始めと鳴り終わりが何とも言えない風情を感じさせます。(大げさ^^;)
北勢線阿下喜駅から西へ1.5kmほどの位置に三岐線の東藤原駅がありますね。
大和路ポストマン
2017/06/25 16:46
大和路ポストマンさん、はじめまして。
私、こちらの地元民のINITIAL‐Sと申します。
大和路ポストマンさんがお越しになられた山城8号踏切は、自宅から徒歩圏内の場所(といってもわざわざ歩いて行く事はないですけど・・・)にあります。
周りに障害物があまりないので、撮影に来られる方をよく見かけます。
ちなみに既にご存知かもしれませんが、ここから数百mほど東にある山城6号踏切も電鐘式で、ここも含め三岐線には4か所ほどの電鐘式踏切があります。
機会があれば他の場所も是非ご訪問してみて下さい。
INITIAL‐S
2017/07/19 00:03
INITIAL‐Sさん
はじめまして、よろしくお願いします。
昔は近隣(近鉄南大阪線)でも日常のように聞いていた”鐘の音”だったのですが、既に近鉄沿線には電鐘式のものは全廃、三岐線に残っているという情報を聞き、懐かしく思い訪問した訳です。
記憶が曖昧ですが、元々地元で聴いていた音よりも若干甲高い音色に感じたのですが、鳴り始めと終わりの”鐘”独特のフェードイン・アウト音が良いですね。
山城6号踏切も認識していましたが、暑さのあまりそこまで移動する気力が無かったので、また改めて行ってみたいと思います。(^^)
大和路ポストマン
2017/07/19 21:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
懐かしい音 気ままに、気まぐれ鉄道フォト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる