気ままに、気まぐれ鉄道フォト

アクセスカウンタ

zoom RSS まわりは変われど

<<   作成日時 : 2017/04/29 17:51   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 11

昔住んでいた家からすぐ近くの場所、一面の田んぼの真ん中に南大阪線の線路があり、よく自転車に乗って電車の撮影に出かけたものでした。
この時代は愛称列車やイベント列車が走ろうが、それを撮影に来る人はほとんど見かけませんでした。
画像
 >> 【1982年3月30日 橿原神宮西口〜坊城 6051F 】

それから35年、たまにこの場所に訪れますが、まわりは民家や公園、道路なども整備されて変わってしまいましたね。
今でも結構良い撮影ポイントなので、特に天気の良い午後は多くの撮影者が来られます。
画像
 >> 【2017年4月23日 橿原神宮西口〜坊城 6051F 】

...この場所を走る6020系も、35年を経てまわりの情景や車体色は変わりましたが、ほぼ同じ姿で走り続けているのは嬉しいですね。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
大和路ポストマンさまこんばんわー
上の写真の養老鉄道を感じさせる昔の写真良いですよね、つぎのフルカラーラッピングならやっぱり上の写真の近鉄マルーン1色ですね。
とうこ
2017/04/29 19:35
大和路ポストマン様こんばんは。
撮影ポイントは、本当に変化が有る所が多いですね。
伊勢若松~箕田間も子供の頃は、跨線橋はなかったですからね。
住宅の増加とロングレールの影響などで 電車の音も余り聞こえなくなりましたね。
のぶやん
2017/04/29 20:07
 こんばんは。
 これ…撮影場所も同じなら走ってる車両も同じ、『6136F』でしょ!?(間違ってたらごめんなさい。)35年の歳月を経て同じ車両の走行写真を並べられるあたりが大和路様お得意の、"遊び"と感心してしまいます。
 自分にとっては尺土駅周辺の光景の変化がそれに挙げられますね。学生時代の尺土駅周辺は急行停車駅の割には実に長閑でした。目立つ建物といえば南側にある椿本チェイン(現:ツバキナカシマ)の工場くらいでした。駅の下り方で南大阪線と御所線が合流するあたりも田畑ばかりで実に見通しのいい場所でした。ここもこの十数年であっという間に宅地化が進み、見方を変えれば河内松原駅周辺とあまり変わらないような佇まいとなってしまいました。駅周辺の人口が増え賑やかになるのはいやじゃないけど、あべの橋行上り電車から御所線・尺土止めの車両が寄り添ってくるように近づいてくるシーンを当たり前のように見てた時代を知る者としてはやはり一抹の寂しさも感じてしまいます。
びす・たかお
2017/04/29 22:39
近鉄沿線の発展はJRと比べて非常に凄まじいもので、優等列車が停車する駅の変化は親身もついて行けなくなってくるほどです.地元の東花園駅は構内踏み切りから準急が停車する高架駅に大変身を遂げました(準急停車は瓢箪山が最有力候補でしたが、同駅は準急停車に必要な8連化が出来ないことと、高架化工事の際に東花園駅は仮線方式であったため).
それでもラビットカーやヒストレ、5200系の復刻塗装は郊外の光景の方が風景に似合います.写真のラビットカーカラーと花、空、山の各色が噛み合っており、洗練された姿が光って見えます.快速をなくした改正を実行した東武のように復刻塗装を更に増やしてくれることにも期待したいところです.
スターあっと
2017/04/30 08:36
これは臨時の快速急行でしょうか。近鉄といえばマルーン一色のイメージが未だに強いです。
ラビット塗装に施された同じ車両、まだまだ活躍しそうですね。35年前で既に冷房化、方向幕も整備されていたのですね。時の流れの早さを実感する組写真です。
奈良漬
2017/04/30 17:22
とうこさん
養老鉄道さんが往年の近鉄マルーン色をいち早く復活したのですが、確かに近鉄線上を走るマルーン車体を見たいのは確かですね。
大和路ポストマン
2017/04/30 21:15
のぶやんさん
跨線橋が出来たとしても、伊勢若松付近は今でもまだまだ田んぼが広がり、私も度々訪れますが良い場所ですね。
確かにガタンゴトンと遠くからでも響く電車の音、電鐘式の踏切の音、今では聞かなくなりました。
大和路ポストマン
2017/04/30 21:23
びす・たかおさん
おっしゃる通り、同じ編成の車両です。
当時からすると、沿線随所かなり変化したところは数々あると思いますが、やはり当時自分の思い入れのある場所は特に記憶に残っていますよね。
尺土駅は私も乗換駅としてよく利用していたので、当時からの変貌は大きく、びす・たかお様のおっしゃる通り当時の情景の面影が無くなってしまったのは私も寂しい気がします。
大和路ポストマン
2017/04/30 21:28
スターあっとさん
近鉄奈良線の東花園駅周辺の変化はまだ記憶に新しいですね。昔は通勤で奈良線を利用していましたので、若江岩田駅までの間も高架化とともにかなり変わってしまいました。
玉川工場があった頃が懐かしいですね。
大和路ポストマン
2017/04/30 21:31
奈良漬さん
1982年お写真は今でも残る愛称列車の臨時快速急行「さくら号」ですね。
この当時は冷房化推進に力を入れていた時代で、非冷房車が急速になくなっていきました。
...そういえば、告知のない「葛城高原号」、これもいよいよ消滅なのかな。
大和路ポストマン
2017/04/30 21:35
奈良漬さん
(追伸)
「葛城高原号」、近鉄ホームページに運転告知出ていました...失礼しました。
大和路ポストマン
2017/05/01 08:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
まわりは変われど 気ままに、気まぐれ鉄道フォト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる