気ままに、気まぐれ鉄道フォト

アクセスカウンタ

zoom RSS 何だこれは!

<<   作成日時 : 2017/02/26 19:17   >>

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 10

側窓の下にある小さな窓、何なんだ!
画像

...って思ったけど、そう言えば以前に1034F以降、車両へのホーム検知センサー設置の話題があったのを思い出しました。(もう1年くらい経つのかな...)
当時はチェックしておかなければと思っていたはずなのに、既に忘れていたアイテムでした。

うーん、年々物忘れが...( ノД`)

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
大和路ポストマンさまおはようございます
観察眼すごいですね!!車両の側面に穴を開けてセンサーですか、因みにJR山陽新幹線では編成位置票がホームなどにありそこへウテシさんが目視で確認で合わせています。(ホームドアーの関係上大変だね)。
とうこ
2017/02/27 10:12
大和路ポストマン様こんばんは。
ホーム検知装置とは 初耳でしたね。
安全面を追求されているのはすごいと思います。
のぶやん
2017/02/27 19:46
B16のホームセンサー、仰る通り昨年の1月頃に取り付けられたようですね。
古い車両の横顔に切り込みが入り、よく見ると中の機械が光っているので、小さいながらもインパクトのある改造だと思います。

今のところ、ほかの田原本線用8400系の横顔は切られてないので、今はほかの形を模索しているのかもしれないですね。

生駒線のVL34も、田原本線のB16と同様にホームセンサー絡みで特異な外観になってますが、ともにそれぞれの路線でラストナンバーが選ばれているのも興味深いです。
新向谷
2017/02/27 21:55
ホーム検知センサー、アルミ車体の1034Fとは異なりスマートな外観ですね。やはりアルミ車体では穴を開けるのも避けたい現象のようですね。
今のところ他の編成では見かけないので試験中なのでしょうか。一方の1034Fは使用停止のシールが貼られていたような…
奈良漬
2017/02/27 22:10
B16が間合い運用で奈良線運用に入っているときにこのソケットのような窓を見かけましたが、何故か生駒線とともに最も後のナンバーなのが不思議なところです.ホーム検知装置はワンマン運用を行っている系統ならではのアイテムと言え、今後、他の路線にも及ぶかどうかといったところです.実用化すれば信貴線のVWや道明寺線のMiがVLのように、湯の山線の各車両たちがB16のような外観になるかもしれないですね.幕はあれど、シリーズ21はもっぱらツーマン専用状態ですが…
このようにコメントで電算記号を打つのは良いとして、例の事件でVXの印象が悪くなったところが気がかりなところです.
それ以上に気になる点は大阪阿部野橋駅のホーム柵の設置で、ホーム検知センサーのように検知型になるか、JRのように車掌が操作するかという点が挙げられます.
スターあっと
2017/02/28 09:43
とうこさん
車掌さん、運転手さんの確認だけではなく、センサーのお世話になるようになったのも時代の流れでしょうか。
大和路ポストマン
2017/03/02 23:21
のぶやんさん
以前から1034Fの前面にセンサーがつけられて、武骨な見つけになってしまっていますが、知らない間に試行錯誤で取付方法も改善されているようですね。
大和路ポストマン
2017/03/02 23:22
新向谷さん
確かに同形態のものは他の編成では見かけないですよね。
まだまだ試験段階で、おっしゃる通り最良の形態を模索中だと思います。
横展開にはもう少し時間がかかるのかもしれませんね。
話は脱線しますが...4連の1035Fのみ、なぜワンマン改造されないのでしょうね。
大和路ポストマン
2017/03/02 23:22
奈良漬さん
小耳にはさんだ話ですが、1034Fは乗務員室扉下のステップ両側に新たにセンサーがつけられているという事ですが、間違いだったらごめんなさい。
大和路ポストマン
2017/03/02 23:23
スターあっとさん
確かに実用化が決まると、急速に他編成へと横展開が始まるのでしょうね。
この8416Fのパターンだと結構取り付け手間がありそうですね。
...共用の場では編成を電算機号で表現するべきでしょうが、私の場合どうも慣れず、ここでは常にフォーメーション表記させていただいているのをご容赦ください。
大和路ポストマン
2017/03/02 23:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
何だこれは! 気ままに、気まぐれ鉄道フォト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる