気ままに、気まぐれ鉄道フォト

アクセスカウンタ

zoom RSS 美しく変化

<<   作成日時 : 2017/01/22 10:36   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 10

先日、やっと京都鉄道博物館に行ってきました。

かつて弁天町にあった交通科学館に居た馴染み深い車両も、再びここで会えるのはうれしい限りです。
その極一部ですが...

交通科学館で軽食レストランとなっていたナシ20形も当時は屋外での風化で色褪せていましたが...
画像
 >> 【2013年8月14日 大阪交通科学館】

めちゃくちゃ綺麗になっておりました。
画像

相変わらず中で軽食を提供しておりました。

また好きだったキハ81形も...
画像
 >> 【2013年8月14日 大阪交通科学館】

ピッカピカに。
画像

その他数々の名車が綺麗になって展示されており、館内に居てると時間も忘れてしまいますね。

往年の特急車両も多くある中...つい、身近でお世話になった103系、クハ103のトップナンバーも個人的に目を引いてしまいました^^;
画像


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
大和路ポストマンさまおはようございます
展示されている103系クハ103展示の綺麗な103もいいのですが車体を触れるのも躊躇われる色が剝げたオレンジバーミリオンカラーでHゴム支持の窓枠のクハ103も再現展示してもらえたらね〜100000点の採点をあげられるんですけどね。
とうこ
2017/01/22 11:02
ブルートレインの客車もあっという間になくなり、食堂車も貴重なものになったので、ナシ20の美しい車体が再び見られるのは嬉しいです。

ただ、見学者の安全確保のためか、足回りが全く見えないのが残念ですね。
博物館には展示方法をもう少し考えてほしかったです。
新向谷
2017/01/22 11:56
ブルートレインそのものが過去帳の中にある今では博物館の軽食が食堂車の雰囲気を味わえる?貴重な存在といっても良いでしょう.103系も急激に数を減らそうとしているなかでのトップナンバーは同僚をどう思っていることか、試運転で湖西線方面へ向かう323系を見てどんな心境かも気になるところです.
103-1"あれは環状線の次世代車か...とうとうこのときが来てしまったか..."
スターあっと
2017/01/22 12:06
大和路ポストマン様こんばんは。
写真の中で思い出が有るのは、やはりキハ81ですね。
名古屋~天王寺での『くろしお』2・5号充当されていて旧伊勢線を走っていたのを思い出されます。
そういえば、保存車も近畿車輌製でしたね。
のぶやん
2017/01/22 18:31
物凄い艶ですね。昔の車両にしては不自然な感じがします。新製当初もこんな感じだったのでしょうか?

クハ103のトップナンバー、よく考えたら大阪環状線の色に復元された訳ですね。個人的にはヘッドライトと方向幕を原型に変えたら国鉄時代の雰囲気が再現されると思いました。
奈良漬
2017/01/23 17:31
とうこさん
おっしゃる通り、大阪環状線の103系では前面窓のアルミサッシュ化が行われて結構経ちますので、よりオリジナルに近い姿も見たいですが、引退時そのままの形(車内含めて)も時が経てば、なかなか感慨深いものになるかもしれませんね。^^;
大和路ポストマン
2017/01/24 22:48
新向谷さん
近年は豪華列車で車内で食事ができるものは多く出てきましたが、やはり往年の”食堂車”というイメージではないですね。
個人的に昔はブルートレインは勿論のこと食堂車で食事なんて到底出来ない”高嶺の花”というイメージでした。(貧乏性なので...^^;)
大和路ポストマン
2017/01/24 22:48
スターあっとさん
”とうとうこのときが来てしまったか…...103−1どころか、幼少から現在に至って日常も通勤の足として利用し、気にも留めていなかった103系が0系新幹線と同じフロアで博物館展示されるなんて、私も同じ声を発してしまいます。^^
大和路ポストマン
2017/01/24 22:48
のぶやんさん
キハ81は電車のボンネット形とは違ったちょっと特異な前面だったので、私も印象強く残っています。
子供のころ、丸く湾曲した形のボンネットから”ボイン列車”って言っていたのも懐かしい思い出です。
大和路ポストマン
2017/01/24 22:49
奈良漬さん
近年の塗装技術の発展はあるとしても、やはり新車の輝きは当時から変わらなかったのかもしれませんね。(残っている画像の質にも見栄えが変わりますからね)
ちなみに、昔から大阪交通科学館に展示してあった大阪環状線表示の101系のカットモデル、マスコン・パンタグラフ操作体験含めて健在だったのは嬉しかったです。
大和路ポストマン
2017/01/24 22:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
美しく変化 気ままに、気まぐれ鉄道フォト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる